フォト
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

はじめまして。設計おばさんです。

  • こんにちは。設計おばさんです。
    幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。
無料ブログはココログ

書籍・雑誌

2018年9月21日 (金)

『ルビンの壺が割れた』

宿野かほる 著


一年近く待って、やっとやっと手元に届きました。
書店に並んでいた時の帯には
割とすごいコトが書かれていたそうですが
(大抵、そうだわね)
ルビンの壺 が割れるって・・・sign02
がずーっとアタマから離れず、

最後の一行で、気付いたワタシなのでした。

ルビンの壺・・・
単なる絵 ですが、
男女が向き合っているようにみえます。
もう一度見ると、壺にもみえます。
これは、普通です。
本書の内容とは関係ありませんが、
人によっては、
どちらか一方にだけしか見えない人もいるのだそうです。
どちらにしても、
絵に描かれた壺が割れるコトはありませんし、
もし、割れていたら
壺にも、向かい合った男女にもみえません。






ネタバレにならないうちにconfident






立川市図書館bookからのカリモノ

2018年9月15日 (土)

『しない。』

群ようこ 著



携帯電話を持たない
とか、
結婚しない
とか、


ポイントカードを貰わない
とか、
省けるものは


しない。



イチバン、共感したのは
イチバン最初の
宅配便のオハナシ。


ネコ が来るか、人 が来るか
によって、
配達される物の扱い方が違うオハナシ。


ワタシも、全く同じことがありました。
ちょっと小さな荷物で、トラックの奥に忘れられたままになってしまって
ずっーと、"配達中"になっていたコト。




これを読んで、ますます

これからの日々は、
わが子に迷惑を掛けないように
少しずつモノを減らして行こうと思います。

立川市図書館bookからのカリモノ



物を減らすと同時に、

コトも減らす工夫をしようと思います。

調理に時間を掛けないとか、疲れた時は無理しないでカラダを休めるとか。

そんなこともあって、

たまに調子が悪くなる電子レンジを買い替えました。

(ちょっと調子が悪くなった暖房便座を使い続けていたオハナシが

本書に書かれています。

とんでもないことになってしまって・・・

その話も今回の買い替えに拍車がかかりました。)



思えば、今までのはわが子が中学入学の時、

お弁当作りが始まるので、冷食を温めるのにもっと機能のイイのが欲しい

って、買い替えたモノでした。

17年半sign03 使ったことになります。

あたためる くらいしか使っていなかったからかも知れません

ターンテーブルが回ものでした。

今度のは、

食材すべてを耐熱ボールに一緒くたに入れると

料理が完成するそうです。

パスタは乾麺のままでイイってwobbly

勇気を出して、挑戦してみようと思い

一緒について来た、メニューの本をパラパラめくってみましたら・・・

300種類以上のメニューがあり、

・・・この電子レンジに入れるまでのたくさんの種類の食材の調達と

下ごしらえが・・・

ものすごい!!!!



2018年9月11日 (火)

『祈りのカルテ』

知念実希人 著

研修医として回った5つの科で起こる患者さんの病気の謎を
心で解いていく、
医療ミステリーです。


じっくり、人と向き合って考えてくれる先生。
大学病院hospitalの中では
むずかしいだろうな~
と思います。


こんな先生が、地元のかかりつけ医になってくれたら
イイのになぁ~
と思います。


立川市図書館bookからのカリモノ





2018年9月 6日 (木)

『妻は他人-だから夫婦は面白い-』

さわぐちけいすけ 著





題名だけ見て、図書館に予約したのでした。



相手のコトを思いやれよ~
っていう、"本" かと思っていたら・・・
届いてびっくりwobbly



"まんが本" でした。





しかし、開いて見ると
ちゃんとした考えを持った旦那さまで、
今の夫婦らしい
芯のしっかりした関係を綴っています。




こーいうの、いいよねぇconfident
と思える、コミックエッセイ なのでした。



立川市図書館bookからのカリモノ

2018年9月 1日 (土)

『キラキラ共和国』

小川糸 著




『ツバキ文具店』の続編です。


代筆屋さんpenも仕事が増え、
たくさんのお手紙が登場します。
直筆の手紙を何通も読め、こころがほっこりします。



鎌倉の町と、
鳩子をとりまく友人、隣人、家族(結婚します)
みんなほんわかしていて
やさしい気分になれる一冊です。


・・・ほっこりしますけど、
この暑い夏に読んでも
暑く感じないところが また、イイですね




立川市図書館bookからのカリモノ










2018年8月27日 (月)

『偽りの報道-冤罪「モリ・カケ」事件と朝日新聞』

長谷川煕(ひろし) 著


ずーっと、
夕方のニュースやワイドショーなどの情報を鵜呑みにしていた
単純なワタシにとって、
本書、しょっぱなから
えぇ~sign02
と思う事や
書いてある意味がよく呑み込めない
よく
・・・は違うかcoldsweats01
文章そのものを全く理解する事すら出来ない。


新聞記事より、ずーっと深く掘り下げた
高度な内容なので
ワタシには、斜め読みどころか
横読みの一冊になってしまいましたが
SNSはおろか、新聞に書かれていることすら
全面的に信用してはいけないのだな
と思った一冊でした。


誰かが正しくて、誰かが間違っている
誰かが本当の事を言っていて、誰かが嘘を言っている
結論が出る日は来ないんでしょうね。


そして、
思い出したように取り上げられたと思ったら、
いつの間にか、枝葉末端の方に焦点が行ってしまったり・・・
最近の報道体制にも
疑問を持つのですが・・・


立川市図書館bookからのカリモノ



2018年8月13日 (月)

『火のないところに煙は』

芦沢央 著

フィクションの怪談話
・・・のはずです。

5つの短編と最終章から成り、
リレー式で、連続性がある展開なのですが、
ドカーンとした恐怖がない分、恐いのか恐くないのか
ちょっと普通のミステリーとは違います。


お祓いなどして、
関わりのない死者に対して、祈りをささげることは、
今まで存在しなかった縁を自ら作ってしまう

・・・って、妙に納得

もしかして、これって実話だったのsign02と思うところあり、
図書館からのカリモノで、もう手元に残らない幸いに感謝したのでしたcoldsweats01


立川市図書館bookからのカリモノ

2018年8月 1日 (水)

『この嘘がばれないうちに』

川口俊和 著

『コーヒーが冷めないうちに』

の続編で、
人生の中で、嘘をつく事がその人の為になる場合もあるって時に
過去に戻って願いを叶え、伝える。
でも、この決まりは
「だからと言って、現実が変わる訳ではない」
過去に戻って、未来を知らない人にその言い訳を取り繕ってしまうと
やっぱり、嘘はバレてしまうんだよね。
『コーヒー・・・』を読んだら、こっちも読みたくなる。そんな一冊でした。
図書館のリクエスト待ち・・・・一年近く待ったよ~

立川市図書館bookからのカリモノ

2018年7月12日 (木)

『友罪』

薬丸岳 著


少年犯罪をテーマにした一冊。
もし、あなたの同僚が、過去に狂気的な殺人を犯した あの人ではないかと疑わしく思ったら・・・
そして、それがその通りだと確信したら・・・
このまま、今の付き合いをしていけるか。
・・・で、
ネタをばらしてしまうと、続けることは出来なかったんですねweep

やっぱり、過去の記憶は消せない。
まして、過去の犯罪はもっと消すことは出来ないのだと思いました。


立川市図書館bookからのカリモノ



2018年7月 4日 (水)

『みんなの暮らし日記』

翔泳社 発行


副題
家事をシンプルに楽しむための、ちょっとしたこと。
・・・のとおり、
その人なりの
工夫を紹介しています。


掃除とか、暮しかたにこだわっていたら
食 は
二の次 三の次
でも仕方ないのかな
を実感した一冊でした



・・・何から何まで完璧は
・・・ない
ってねconfident


立川市図書館bookからのカリモノ

より以前の記事一覧