2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。
フォト
無料ブログはココログ

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月の7件の記事

2020年7月29日 (水)

『死んでも床にモノを置かない。』

須藤昌子 著

どんどん捨てましょう

とか

モノを増やさない

と言う目線とは違う視点で描かれた一冊です。

 

写真がたくさん掲載されています。

何がどう違うのか、それだけでは判断が難しいですが

使いやすいように仕舞うことをモットーにしているのかな・・・。

 

床にモノを置かなければ掃除が簡単。

動きやすい。

・・・分かっちゃいるんですが、それがなかなかなのが庶民の日常ですよね。

 

 

立川市図書館📖からのカリモノ

2020年7月24日 (金)

熱中症対策

たくさんの雨があちこちに被害をもたらしている今年の梅雨

天気予報では、そろそろ来週あたり、東京ではついに梅雨明けの気配がし始めました。

いよいよ、夏本番を迎え

・・・の前から、

暑さに弱い(寒さには、さらに弱い)ワタシは、その対策を真剣に考えていました。

 

ひとつはマスク。

不織布のマスクは、かなり前から暑くて苦しかったので、

夏用にガーゼを最低限の厚さにして、作って使っていました。

でも、暑苦しい。

そこで、去年の夏まで使っていた、水にぬらして冷たくして使う冷感タオルで

マスクを作ってみてはどうだろうと、良い案が思い浮かびました。

07241

 

 

いざ、ミシンの前で裁断しようとしましたが、

へろへろで、これ1枚ではシャンとせず、

かと言って、ガーゼ何枚かを重ねると風が抜けない。

ちょっと計画倒れです。

そんなこんなしているうちに、冷感マスクが手に入り、一安心。

あとは、マスクをしていても首回りや顔が暑くならないように、

携帯用の扇風機が欲しい。

今年は、手に持たずに使えるモノが多く出ていると知り、

GET

07242

 

 

娘にこの画像を送りましたら、

イイ歳した母が、スピーカーを購入したのかと思ったようです。

「イェ~ィ」って、やると思ったのかナ。

 

 

あとは、

コロナの心配もあり、

これが無駄になっても良いので 高齢者は "外出しないように" 気を付けるだけでしょうか。

 

 

 

 

 

2020年7月18日 (土)

『家族じまい』

桜木紫乃 著

 

母親が認知症になり、

その母をとりまく人々・・・姉妹、その子どもたち、夫とその兄たちの

いままでの生きざまが虚しい。

ただ、考えたら、自分だけじゃなく"みんなおんなじ道を通っているんだ"

さして変わらないのではないかと気付いた。

 

ワタシは、主人公より年上で、その母よりは若い。

どちらの世代の立場でも読めて、納得すること多々。

 

「安心して忘れなさい。私が代わりに覚えておいてあげるから」

果たして、ワタシはこんなに優しい言葉が出て来るだろうか。

 

物語は途中まで中年層のバート主婦を中心に進められるが

次第に、その母に移っていく。

家族親族が少ないワタシにとって、周りにこれだけの人たちがいるのは

とても羨ましいが、

・・・何とも切ない。

 

立川市図書館📖からのカリモノ

 

 

2020年7月11日 (土)

『世界のニュースを日本人は何も知らない』

谷本真由美 著

 

コロナの状況を各国からのニュースで知る事が出来ました。

少し落ち着き始めたところから、

その状況は少なくなり、今現在の海外の規制などは

注視しなければ分からない。

このような大きな出来事でさえ情報が入らないのだから

海外に行く際は(万が一ですがね)本当に注意深く調べてから渡航する。

 

立川市図書館📖からのカリモノ

 

 

Edgeのバージョンアップがありましたね。

パスワードをひとつひとつ覚えていない、記録の欠けた・・・例えばココログとか😢

inするまでに時間が掛かりました・・・。

 

 

2020年7月 8日 (水)

『クスノキの番人』

東野圭吾 著

 

怖い思いも、殺人事件も起きないので、すらすら読めます。

神社の御神木 クスノキ の管理を任された主人公の生活拠点と心の成長

を描いています。

父・母・子・兄弟・伯母・家族・親戚・延長線上にある血縁

所詮はひとりなのに、

そこに係わって来る人々の温かさと冷たさが印象的でした。

 

ナミヤ雑貨店系のオハナシですね。

明るさ暗さと、音が良い味を出しているので、

映画化されそう💓

ラスト数ページの温かさに救われました。

 

 

図書館の本が少しずつ回転し始め、

予約本が届き始めました。

この時期、本は大切なトモダチです。

 

 

立川市図書館📖からのカリモノ

2020年7月 4日 (土)

ウチだけかな

特別定額給付金、振り込まれました?

 

わが家は、書類を返送してから3週間ほどで、

"いきなり" 入金になっていました。

これが、わが子との話題になり、

「郵便局に行ったら、入ってた!! いきなり振り込まれるんだね」

「入っていた 入っていた」

となっていたのですが、

実は、自治体にそんな不手際などあるはずもなく・・・

入金から10日後に

ちゃ~んと

お知らせのはがきが届きました。

あぁ~あ💧


特別定額給付金

と打ったつもりが

特別低額給付金

と変換されました。

すぐに(笑ながら)直しましたが、

ワタシ、わざとそうしたんじゃないからね。

 

2020年7月 3日 (金)

ひさしぶりに

ふとしたハナシのきっかけから、出身中学校のサイトを検索しました。

そこに並んでいたのは、

第〇期 同窓会

・・・と共に、

閉校

の文字。

えぇ~!?

聞いてないぞ。

 

サイトに行くと

3月何日に閉校式があった模様の写真が並んでいました。

それも、よく見ると2年前の事です。

 

おそらく、全校生徒らしい様子ですが、少ない・・・。

生徒が減って、2校がひとつになり、名前も変わるようです。

 

あのあたり(都庁迄歩いていけるような場所)

開発でオフィス街になり、土地が上がり、住むのは大変になったと思います。

入学した時からちょうど半世紀。時代が変わりました。

 

 

 

 

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »