2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。
フォト
無料ブログはココログ

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »

2020年4月の9件の記事

2020年4月28日 (火)

『人生を変える言葉 2064』

西東社 刊

 

夫が、このテの本が好きなので・・・・と思ったので

借りました。

でも、全く開こうとしないので、ワタシが寝る前に読んでいます。

 

イイ言葉がいっぱい並んでいますが、

寝る前に読むので、寝る時には既に忘れています。

 

 

 

立川市図書館📖からのカリモノ

 

 

 

今週来週は、STAY HOME週間 だそうです。

お店を開けないと、生活出来なくなる人がいます。

ヒマなので出掛ける人もいます。

人それぞれ、色々な理由があると思いますが、

どうしても出掛けなければならない仕事がある人がいる事、

生死を掛けて戦っている人がいる事も忘れてはならないと思います。

どうか、

軽い気持ちでの行動は控えて頂けると

・・・をしなければならない人の命が助かる事もあると分かって欲しいと思います。

 

国として、もっと厳しい措置をしてくれたらありがたいですね。

ねっ、あべっち~

 

2020年4月25日 (土)

ここが、あの・・・

この春、立川駅からIKEAまでの燦々ロード沿いに

グリーンスプリングスと言う複合施設の大開発がありました。

・・・ありました!?

 

聖火リレーの拠点にも組み込まれていて、

華やかなデビューをするはずでした。

・・・はずでした!?

 

そう。コロナがなければ。

 

多摩地域(東京の西部の総称)最大のコンサートホール 

「TACHIKAWA STAGE GARDEN」 も出来て、

杮落しは、確か 八代亜紀さんだったかな。

予定されていましたが、これも延期です。

 

入口には、

オブジェも出来ています。

有名な芸術家さんの作品らしいです。

04251

 

04252

 

 

この方向のシャッター📷

ここが、あの・・・

042721

 

040531

 

042711

やぎさんたちが ”草を食べるお仕事” していた場所です!!!

 

そして今、何店か営業を始めている店舗もあるようですが

殆どが、延期になってしまったらしいです。

 

明るい顔をして、のんびり歩いて、食べて

楽しんで来れる日が、一日も早く来ますよう。

 

今はカメラを向けたらすぐに退散。

家の中で待つ事にします。

 

機会が有りましたら、その時は、ここを訪れて頂ければありがたいです。

 

 

昨日の報道、これからも悲しいニュースが続かない様に、

今が我慢の時。

決して、他人事ではないです。

 

 

2020年4月23日 (木)

影響

ワタシの仕事の殆どは、在宅で出来ます。

ただ、ここ最近、竣工引渡しの現場が重なり

クライアントさんの検査や引渡しがあり、

どうしても

  (と言う言い方は失礼だとは思いますが)

その現場に係わった全員が集まらなくてはなりません。これはクライアントさんにとってもリスク大なので、全員が どうしても と思っている・・・思います。

なので、各々、車や電車で現地まで出向きます。ワタシは、電車乗り継ぎ派ね。

それに伴って、

書類を受取りに行ったり、料金の納付に行ったり、

これまた どうしても

が増えます。

毎回、ビクビクしながら、とっとと済ませて来るんですが

この、非常事態宣言中に、夫は誕生日を迎えまして

まぁ、そんなコト言っている場合じゃなかったので

既読スルー?していましたが、

立川駅の近くで書類の受取りをしたあと、

ケーキでも買って帰るか・・・

とやさしい気持ちで寄り道を作戦しました。

駅ビルのルミネやデパートは、食料品は営業していると聞いていたので行ってみますと

"そんなに" やっていない。

生クリームなど、今日明日の賞味期限の物を扱う専門店は、全然やっていない。

で、結局和菓子となり。

 

・・・それは、イイとして、

もう、二度と危険を冒した外出はしないと心にきめたのでした。

本当に必要な外出をしなくてはならない、感染すると重篤化する確率の高い人間が

思い切って出掛けなくてはならない状況がある事を知って頂き

どうか、元気なかたは家に籠って、ガマンして欲しいとつくづく感じた一日でした。

 

たまには載せましょう。

完成現場の写真

木製サッシのへーべシーベ越しの借景 新緑がとっても映えます

工事中

04231

 

完成

04232

 

 

マスクは、現場に出向く時、

駅のホームにあるコンビニで、たまに見つけます。

どこよりも、確率が高いので、必ず覗きます!!

一袋ずつですが、

消毒スプレーを重ねながら、使い潰しています。

その分、スプレーが減っていくのが気掛かりで、辿り着いたもの。

今、使っているのは、次亜塩素酸水(次亜塩素酸ナトリウムではない)

これの、希釈して使うタイプ。

自分で、スプレーに移して使います。

一回買うと、8リットル分作ることが出来るので、一安心。

 

その割に、お手頃価格。

そして何より、

 

あぁ~、無駄な買い物だったね

と笑って話せる日が、一日も早く来る事を願うばかりです。

 

 

2020年4月17日 (金)

『タイガー理髪店心中』

小暮夕紀子 著

 

老々介護の話だとの情報は耳に入れて読みましたが、

今、この時期に

・・・それでなくてもメンタル面で凹みがちなのに

老いて行くつらさやさびしさ・・・こころに沁みます。

 

きっと、これが現実ですね。

老夫婦のオハナシ 2編収録ですが、

2人でこれなら、独り暮らしになってから読んだら(と、勝手にひとりだけで生きている想定しています)

毎日が苦痛かもしれません。

 

 

最近、設計おばさんのブログに、

読んだ本のオハナシがないのは・・・

立川市も図書館が閉館だからです。

少し前までは、カウンター業務だけは残っていて

貸出と返却は出来たのに

ずーっと前に借りたまま

そして、新しいリクエストも出来ず止まって

GW開けまで続くようです。

 

 

つまんな~い 💧

 

立川市図書館📖からのカリモノ

特別でない特別食

時間はたっぷりあるので、あまりインスタント食品類の買い置きは必要ないと思っていました。

 

しかし、

気になったのが

カップヌードルの 味噌

改めて考えてみれば、味噌ラーメンですケド。

なんだかとっても美味しそうな気がしていて・・・

今、この時、小さな幸せや楽しみを見つけないと、めげてしまいそうです。

いつか、生きている幸せを実感した時にでも食べたいと思っています。

大げさでしょうが、

普段、あまり食べるコトの少ない人間にとっては、

結構これが特別食でもあるのです。

 

2014

 

 

2020年4月14日 (火)

さらに大発見

ガーゼに続き、

あれ?もしかして 平ゴムなら娘が小学校の頃の紅白帽とか

黄色い帽子の替えゴムを買った気がするぞ

と、裁縫箱を漁ると、

あるわあるわ(・・・というほど、あった)

そう思ったら、即行動に移さないと気が済まない性格でして、

 

 

04141

 

 

4142

 

やっていて思ったのは、

ワタシは、同じ形を16枚も裁断するなんて、とっても苦手だと言う事を知り、

大昔のミシンのせいか、ワタシの技量か・・・😢

 

それでも、まだ材料も時間もあるので、

不具合を改善し、第2弾に挑戦します。

 

友だちに、LINEしたら、

・・・結構みんな、ヒマしていて 同じこと考えていた。

工夫して、作ってんのね💛

 

だって、いつまで待っても一向に手に入らない不織布のマスク。

何回かまでは、

除菌スプレーでシュッシュして、

とりあえず使います。

 

 

2020年4月10日 (金)

大発見

もしかしたら、あったような気がする・・・

と思って、救急箱を開けたら・・・

 

 

まだ、未開封の

0410

 

何をするかはひみつ

 

・・・には、今の時期だから、ならないかぁ💦

 

時間だけはたっぷりあるので、ミシンを引っ張り出して来て

今や単なる倉庫と化した娘の部屋のデスクにスタンバイしました。

 

"給食マスク" が届くのと、どっちが先かな

 

2020年4月 7日 (火)

『紙鑑定士の事件ファイル』

歌田 年 著

 

このミステリーがすごい! で大賞受賞作品なのだそうです。

・・・だから、借りたのではなく、

ワタシの仕事、設計事務所の建築士として、

クライアントさんに計画案の提案で図面をお見せするのですが、

よほど、住宅を建てよう!! と勉強を重ねて来たかたでない限り

2Dのモノクロ図面で、3Dの生活を思い浮かべられる人は

限りなく少ない。

かと言って、

平面で作った計画を自動的に3Dに起こせるソフト3D CAD(スリーディーキャド)

などの高価なものを買える事務所ではないし。

 

そこで、箱屋のムスメ(元)であるワタシの出番。

少し厚めの紙で、1/50の模型を作ってプレゼンするのです。

拙いそれでも、

おぉ~と言われたり

懐中電灯(今はそう言わないか・・・)を当てて、日の入り方を観て見たり

お引き渡しから10年以上経って、メンテナンスの相談で伺うと

まだ、リビングの棚にそれが鎮座していたり。

大したこともない模型でも、それを思うと結構夢中になって作ってしまう。

 

そんな模型が、本書のテーマになっている

と同時に、

ページによって、色々な紙を使っている楽しみもありました。

 

ちょっとネタバレになってしまいますが、

昔のノート(ワタシが大学ノートを使わなくなっただけかも知れません)は、

明るい所で透かすと、メーカー名や区切り線が見えましたね。

それがとても懐かしい。

 

 

とと共に、こんなことを思い出しました。

ワタシが小学校入学直前まで育った家の近くに

ノートの罫線を入れる会社がありました。

糸をインクの中に浸して、ノートの用紙に当てて持ち上げると

白かった用紙に赤と青の罫線がくっきり出ている。

それが楽しくて、よく見に行った記憶があります。

おそらく、ワタシの家と同じく、開発でどちらかに移転し

今では信じられないくらいの大都会になりました。

 

 

立川市図書館📖からのカリモノ

 

 

2020年4月 3日 (金)

電話で処方箋発行依頼

この状況下で、行かなきゃいけないほどでもない体なのに病院に行くのは、

かなり勇気を振り絞らないとめげてしまいそうです。

ワタシの場合、

にゅうがんの手術から、ちょうど4年になりますが

ホルモン剤(飲み薬・1錠/日)を続けています。

一応、悪い所は全部取ったはずなので

病気を治す為より、再発防止が(たぶん)一番の目的だと思います。

そんな訳で、

たまに検査もあるのですが、今月の通院は診察(と言ってもお変わりないですね程度)

で、処方箋を発行して貰う程度で帰って来ます。

病気が病気なので、今回コロナ患者を受け入れているほどの大きな病院でして、

片道1時間くらい掛かります。

病院のHPには、どうやら入口で体温測定もあるらしいし。

罹っていないのに、気持ちが沈みます。

そして・・・

見つけた!!

慢性患者など、安定している患者は、

電話で主治医と話し(いや・・、診察ですね)、処方箋をいつも行く薬局にFAXして下さるとの事。

薬局にも電話して、FAXが届きますので、明日取りに行きますね~

と伝え、

これで、あと3ヶ月。

一安心。

 

とにかく、早く終息するように、

今こそ我慢して、

今しかできない事

今だからできる事

・・・考えだしたら、ウキウキワクワク止まらない。

 

 

« 2020年3月 | トップページ | 2020年5月 »