2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 第96回箱根駅伝予選会がありました | トップページ | のーむ »

2019年11月 1日 (金)

『とめどなく囁く』

桐野夏生 著

 

釣り船で出掛けた夫が行方不明になります。

何日捜索しても見つからないまま、死亡した扱いになり

30歳以上も年上の大金持ちさんと再婚し、

逗子の豪邸に住み、

自分とほぼ同じ年齢の子どもたちを取り巻く生活が始まります。

何不自由ない生活に見えますが

ワタシには計り知れない、それなりの苦労があるようで・・・

 

 

広い庭のベンチ下には、蛇が潜んでいるようです。

季節によっては冬眠していますが、季節の良い時期には地面から囁いたりもします。

 

歳の近い義兄弟たちや

元夫の義母は、事ある毎に電話をして来て

財産のコトなど、何かと囁きます。

 

そして、死んだはずの元夫・・・

ちょっと囁いたりして、皆をビクビクさせます。

そんなはずはないと思っても

そんな雰囲気を漂わせて・・・

もしかしたら、生きてどこかに隠れているのかも知れません。

いやいや、

これは、それを知っている誰かが

嫌がらせに電話しているのだろう。・・・と

ワタシはそう信じて、ほぼ最後まで読み続けました。

 

どうだったのかな???

・・・ナイショ

 

 

立川市図書館📖からのカリモノ

 

 

 

 

« 第96回箱根駅伝予選会がありました | トップページ | のーむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 第96回箱根駅伝予選会がありました | トップページ | のーむ »