2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『泣くな研修医』と『新章 神様のカルテ』 | トップページ | 『こうして誰もいなくなった』 »

2019年4月22日 (月)

こんなことってあるんですね

あまぞんからのメールで、

注文の確認が2通も届きました。

フィッシングだと思ったので、メールのリンクでなく、

お気に入りからサイトに入ったところ、

わが家でほしいものとは到底縁遠いモノが、本当に注文されていました。

名前も間違いなく、クレジットカードも使われて、

届け先は違う場所。⇐これが、怪しい場所

急いで、あまぞんに電話をして・・・

キャンセルしてもらい、

その他にパスワードの変更などなどありましたが、

なぜ、アカウントを乗っ取られるような事になっているのかは、

近日中に報告をくださるそうです。

恐い時代になりましたね~

みなさま、チェックは頻繁に。

どうぞ、お気を付け下さい。

ワタシは、もうこりごり💦

« 『泣くな研修医』と『新章 神様のカルテ』 | トップページ | 『こうして誰もいなくなった』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

おしらせ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

え~~?
そんなことがあるんですね。
ビックリです。


クレジットカードが使われてるなんて
恐ろしい!!

今朝(4/22)の「あさイチ」で巧妙化するスマホ詐欺のことやってて

スマホの決済機能を乗っとられ、
クレジットカードの情報やさまざまなパスワードが読み取られて
被害にあう人が急増してるとも言ってました。

気を付けなければね。


設計おばさん、こんばんは☆彡

うへぇ~(;゚Д゚)
怖いことがあるものですね。
気をつけようと思います。

お気楽 mama(yukiko)さん、こんにちは。

そうそう!
どんどん巧みに・・・。

今回のウチのは、
外国人が東京のアジトを届け先にして、
転売する目的の犯行です。

・・・届け先の住所だけを書き換えられました。
ただ、しっかり、書いているので
なんだかなぁ~と思いましたが。

いつもは、
「こんにちは!あなたのアップルIDを・・・」
みたいなのが多いので、
どうせフィッシングメールでしょ
と思ってスルーするんですが、
(アップルは後にも先にも使っていないので)
今回は、固有名詞の宛名だったし
金額が書かれているし
・・・で、あまぞんに行ってみたら
購入履歴に
"請求金額0円のダウンロードゲームソフトが、ひとつだけ"入っていました。
有料で品物が届く"はず"のは"購入履歴に"無かったので
おかしいと思っていたら・・・
非表示リストってあるんですよ
つまり
"買ったのに、購入履歴に表示させない"
勉強になりました!!!

ネットで購入する時は、
面倒ですが、カードのセキュリティをダブルは必須の時代のようです。
パスワードは、紙に書いておかないとね(笑)

おくりさん、こんにちは。

ねぇ~ ホントにビツクリです。
毎日、数100通届くメールの中から
必要なものと、インチキなものと、どうでもよいものと
見分ける作業の中で、
"こんにちは。あなたのIDを・・・"みたいなのとは違う臭いがして
発覚しました。

注文の名義や
カード番号(一部分しか表示していませんが、今回のことで意味がない気がしました)
は、間違いないのですが、届け先がはっきり違う所になっていて
おまけに、
購入履歴は
無料のゲームソフトダウンロード版は履歴にあるのに、
有料のパソコン部品は、非表示にしてありました。
(非表示にすることが出来るのも、今回知りました)
・・・なので、
買っていない
と思わせるテも、巧妙です。

まさに、
「ぼーっと生きてんじゃねえーよ!」です。

おくりさんも、どうぞお気を付け下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『泣くな研修医』と『新章 神様のカルテ』 | トップページ | 『こうして誰もいなくなった』 »