2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『れんげ荘物語 散歩するネコ』 | トップページ | 『ネコと海鞘』 »

2019年3月30日 (土)

『猫がいなけりゃ息もできない』

村上 由佳 著





少し前に、猫との生活を綴った 養老孟司さんの本を読んだよ
と記事にしましたら、 
えぷろんさんからのコメントで、
この本の所在を教えて頂きました。
早速、図書館にリクエストして・・・。



まぁ~
こんなにもかなしい
つらい本はありません。

わが家の🐶🐱🐱に置き換えてみたら。
と思うと、耐えられないです。


それしか言えない・・・💧💧💧





立川市図書館📖からのカリモノ

« 『れんげ荘物語 散歩するネコ』 | トップページ | 『ネコと海鞘』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

つらい思いをさせてしまって申し訳ありません。
TVで放映されていた時期はロッキーには腎疾患がなく
ただただ村山さんともみじちゃんとの絆の深さ
猫と暮らす者としての共感を持ちながら画面を見ていました。
画面を見ながら何度も胸に突き刺さるものは感じましたが。
今回本を読んだときはロッキーは旅立った後でしたので
泣きながら読みました。
本の方が村山由佳さんともみじちゃんとの関係性にも深く触れていたので
私は読んで良かったな・・と思ったのです。
我が家は『老老生活』なので、もう動物との生活は望めませんが
設計おばさんはどうぞ、可愛いみんなとの生活を大切に楽しんでくださいね。
猫との生活が自分の人生をこんなにも豊かに楽しくしてくれたんだ・・と
改めて共に暮らしてくれたロッキーに感謝しています。
長々と申し訳ありません。
いつも本の刺激を与えてくださっている設計おばさんにも感謝しています。

こんにちは。えぷろんさん。

いやいや、「つらい「」と言うのは
本を読んだコトがつらかった・・・のとは違って、
楽しい思い出と別れの時とのギャップを思っただけで
今、傍に居る猫たちの愛おしさが、つらい。
うまく言えないけれど、
より一層、JOY、ソフラン、レノア が、かわいく思えるようになりました。

ありがとうございました。

ところで、不具合のなおらないココログですが、
コメントに絵文字ポップアップ一覧がなくなったんですね~!?
これは、一連の不具合とは関係ないと思いますが、
これは寂しいですね😢


お久しぶりです~
ココログが使いにくくて (>_<)
コメントの絵文字もなくて、可愛げがないというか
味気ないというか。。。

面倒くさいからブログを引っ越すつもりはないんですが
なんだかな~って感じです

本文に関係ないコメントでごめんなさい (>_<)

maurmiさん。こんにちは。

ホント!!

新しい機能に慣れるには、若い人のようにいかない。
・・・のも、相まって、
初歩的なパグに10日以上も掛かっているのはどうかな・・・
と思いますね。

人間のやる事だから、間違いもある。
として、
その時、どう対応するか。
何から先に処理するか。
って、大事ですね。
 
最近は、
公の場で、すぐ、謝罪を求めたり、
大袈裟なクレームや、SNSで騒ぎを大きくする傾向にあるけれど、
それよりも
解決に向ける体制って、お互いに必要だと思います。

相手が明らかに間違ったコトを大声で言っている時、堂々とやっている時、
正しい意見ほど、より 小さな声で言ってあげる。

ココログスタッフさん、今日の成果は逐一公開していいんだよ。ってね。

若い頃には思いもしなかったな ⇐ ここで、簡単に挿入できる絵文字が欲しいねぇ

こんにちは。
この本は知りませんでした。
私も早速図書館で予約しなくちゃ。
教えてくださってありがとう~!(^^)!

ココログ使いにくくなりましたね。
コメント欄の絵文字もないし…
今更引っ越しする気もないし、困りました。

箱缶&もももさん。こんにちは。

今までにない 切なさ 愛しさ で、いっぱいです。
ペットの最期を、全て文字にしていて
かなしい と言うのとはちょっと違う
つらい が近かったのかな
そんな気分で、イイ本💛でした。
・・・なので、一気に読みたくても、
破裂しそうで、読めませんでした~(何かイイ絵文字入れたい)

お友達のページに "行ってみて" 最新記事を読んでも
いいね!できなくて
なんだかなぁ~
ですよね。
とりあえず、そこ!!解消して欲しいですね。
あとは、年齢に合わせてぼちぼち行きますワ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『れんげ荘物語 散歩するネコ』 | トップページ | 『ネコと海鞘』 »