2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« はる | トップページ | 『本と鍵の季節』 »

2019年3月13日 (水)

『一切なりゆき』

樹木希林 著


新書版の薄い本ですが、
重い内容です。


6章から成り立っているんですが、
章毎に、
仕事のこと
とか、
生きること
などに分けて、
インタビューなどで答えた名言が書かれています。



ワタシはやっぱり
第3章 病いのこと・カラダのこと
ですね。
全身に転移したがんの発端は、乳がんだったのだそう。
手術はしたものの、
ホルモン療法など行なわず、自然体でいたそう。



じつはワタシ、
いま服用しているホルモン療法の薬で
手の指が曲がりにくい副作用が出ています。
その為の漢方薬も処方されていますが
あまり効果が見られません。
・・・とすると、
「あとは、薬をやめるか だね。」
と言われていますが、
だったら、副作用を我慢する。と言う決断をしています。
一日に10回位は、手からものが落ちます
・・・が、あと3年。
もしかしたら、副作用はいつまでも続くとは限りませんし、
耐えられないなんてことでもないし、
生活に支障をきたすほどでもない。と言えばそのとおりなので
出来る限り、服用は続けるつもりです。

立川市図書館からのカリモノ

« はる | トップページ | 『本と鍵の季節』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

メディカル」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『一切なりゆき』:

« はる | トップページ | 『本と鍵の季節』 »