2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月の11件の記事

2018年11月24日 (土)

秋の終わりの大花火

夏に中止になった国営昭和記念公園の花火大会
ホントに11月23日(祝・金)
秋…冬?
に開催されました。


家のベランダから鑑賞・・・


一旦、家の中にいるままの服装で出ましたが、
10分と持たず
その上から、ダウンを着て
頑張って最後まで観覧。

11241


11242

11243



 東の空にはお月さま。
夏だったら、あり得ない光景です。
空が澄んで、とても見通しが良かったです。

11244
大玉が打ち上げられ、
おわり~
と思って、室内に入った途端、
又、さらに大きく打ち上がり、
あらぁ~
と思って振り返り、
又、室内に戻って
「おわった~」
と思ったら、
又、打ち上がり。
3回は繰り返したかな
会場にいた人も、きっと、
あるある
したと思います。


11245

ほ~らね。
又、上がった





2018年11月23日 (金)

『未来』

湊かなえ 著



まさか、あの湊かなえさんが明るい未来をテーマに
と思っていたら、
やっぱり
ブラックだった。
表紙が黒い
これでもかと言うほど、暗く、落ち込む題材が目白押し。
最後まで、明るい未来を感じる事はなかった。
・・・続編がある。
・・・・気がします。


湊かなえさんお得意の、手紙でやりとり。
ワタシ、残念ながら
その陰に潜む、本当の書き手が理解できていないのだと思います。
映像化される事を期待して


湊かなえさんの本を続けて読むのは、ムリですね

とても「ハイテンションにはなれない。



立川市図書館からのカリモノ

2018年11月20日 (火)

プラスチックごみとか・・・

今、ストローが環境問題に取り上げられていますね。
確かに、影響ないとは言えないまでも、
もっともっと問題視した方が良いと思う事、いっぱいあると思うのです。
お菓子の個包装、必要だと思いますか。
少なくとも、自分で買って、自宅で食べるなら
少しくらい形が崩れたり割れている物があっても
・・・食べちゃいますね
そして、
不透明で中身の見えないプラスチック製の外袋。
又、中にトレーがあって、さらに個包装。
買って持って帰る量と、お腹に入る量の格差。
いつも感じていましたが
今回出会った
・・・これはないよね


1119
※半分食べちゃってから撮ったのではないです。
袋から出した瞬間の ショック そのまま。



写真を撮って気付いたのですが、
12個だったと思っていたのは、これじゃあ11個入りかも。
こんなことってあるんですね。
ちなみに、
こんな状態だから、特別安く販売していたってモノでないのですよ~
それでも許さんケド




2018年11月17日 (土)

『咳をしても一人と一匹』

群ようこ 著




縁あって、群ようこさんの本を立て続けに読みました。

これは、『本の旅人』に今年の2月まで連載されていたものだそうです。


群ようこさんの本には、
飼い猫の しいちゃん が出て来ます。
そのしいちゃんとの日常を
女王様と、
ギネスに 「世界一、飼いネコに叱られている飼い主」 があったら
絶対に一位になれる と確信している下僕 
との生活を描いているのですが、

しょっぱなからワタシが驚いたのは、



著者は、しいちゃんを最初見た時
”はちわれ”だと思っていたそうで・・・
その”はちわれ”とは
人間で言うと、前髪をセンター分けしているような色柄なのですが、
ワタシは、それを
ずーーーーーっと
八の字型から来た、”八割れ”だと思っていました。
でも、本当は
”鉢割れ”なのだそう
鉢を割って、目にかぶせた。そんなイメージなのかしら。
・・・ただ、しいちゃんは、
”鉢割れ”でなく、”富士額”なんだって。



立川市図書館からのカリモノ

2018年11月14日 (水)

おたくはだいじょうぶ?

知らなければ、そのまま終わっているか
大惨事になっていたかも知れないオハナシです。



大人気のトースター
販売開始当時の旧機種
・・・切り替え部分が、℃ (温度) でなく、W  (ワット) のもの
が対象です。
11141




・・・ウチのも、コレだよ


11142




スチーム機能の不具合から漏電の可能性があるって聞いて・・・

⇒ 新しいモノに交換できるそうです。

綺麗になるぞ~



バルミューダのサイトは こちら です。



2018年11月12日 (月)

モーニングコーヒー

名古屋の現場監理が終わりました。
毎回、日帰りで行っていたので、
なかなか かの有名な名古屋の喫茶店のモーニング のチャンスがありませんでした。



・・・と思っていたら、
ワタシのリクエストで支留比亜珈琲に行く機会が出来ました。
「東京に、コメダ ある?」
「うん。あるよ。ここ数年でウチの方にも出来て来て、何回か行った」
「シルビアはある?」
「シルビア?聞いた事ないねぇ。」
「そう。漢字で書くんだケドさぁ・・・、暴走族の”ヨロシク”みたいだけど、どんな字だったか・・・」
「行ってみたいねぇ」


って、事で・・・



待ち合わせはAM10:00(立川は、日の出前に出発です)
11:00までは、支留比亜ブレンドを頼んだら、無料でパンとゆで卵が付いて来るのだそうです。
これが、名古屋のモーニングかぁ

11121


東京だったら
モーニングセットって、
あと150円プラスで、とかって言うのが普通ではないのかな。



一応、一つの現場が終わりました。





1811122


今度は、すぐ近くの場所で、
前回のクライアントさんのご両親の家を建て替えます。
・・・なので
あと一年、この ”通い” が続きます。


2018年11月10日 (土)

『またたび回覧板』

群ようこ 著


20年ほど前に出版された本に
ほんのちょっと加筆した、文庫本です。



長いお話ではなく、
おそらく、雑誌や新聞などのコラムに書かれたものではないか・・・
とワタシの憶測ですが。


電車で、駅に着く前にもう一話、いけるかいけないか

そんな楽しみ方もできる一冊ですね。




立川市図書館からのカリモノ

2018年11月 8日 (木)

『思い出が消えないうちに』

川口俊和 著

『コーヒーが冷めないうちに』
『この嘘がバレないうちに』
に続く、第三弾になる、4編です。


引き続き、シリーズ化するだろうな
と思う終わり方でした。

いままでの2冊は
昔のあの時に戻りたい。
・・・だったのですが、
今回は、未来に行きたい。
もあります。
登場人物が増えて、
更に時空を超えて、行ったり来たり。
おばさんには、ちょっと難しくなって来たわ~

立川市図書館からのカリモノ

2018年11月 6日 (火)

ワタシのイメージ

この夏、ワタシの誕生日に わが子から
ハンドバックを貰いました。

中川政七商店の 上質な麻で出来たものです。

色は 
11061



そして、先日、40年以上仲良くしてもらっている友人からベトナム土産のバックを貰いました。

丁寧に刺しゅうされたもので
グループ4人に色違いでした。



ワタシの色は 
11062


ワタシのイメージ

・・・みたいです。



想像どおりでしたか

2018年11月 3日 (土)

『万引き家族』

是枝裕和 著



映画の予告を見た時、
もしかして、
この 万引き って、コトバどおりとは違うんじゃないの
のヒントがありました。


善人ではないにしても、
一概に悪い人とも言い切れないのではないかと。


時が流れて行く中で、幸せな家族の時間ってなんだろう
とちょっと考える機会になりました。



立川市図書館からのカリモノ



2018年11月 1日 (木)

眼がテン

今、ホルモン治療をしていて、多少なりとも副作用があるんですね。



・・・で、今は
特に指の関節が動きにくくなる・・・、リウマチみたいと言うのが一番近いらしいです。






・・・で、困って、
先日の診察でそれを軽ーく訴えたら・・・、漢方薬が出ました。





・・・で、出されたものは、

ど~ん

1101


薬局のカウンターに出された時、そりゃあ ビックリした~
よいしょって(言ってはいなかったケド)持って来たんだもの。



「年寄りがさぁ、手提げ袋でクスリを貰って行くじゃん」なんて、
笑っていたワタシですが、
ワタシも、年寄り みたいです。
90日分。270包なので、薬局の在庫が足りなくて、
後から又、貰いに行ったくらいだもの


クスリと思えないくらい、おいしいよ
と思って飲んでいます。
これが あらゆる人から 「なんてポジティブなの
と言われる所以でしょう。







« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »