2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 朝顔 | トップページ | 緩衝材 »

2018年10月11日 (木)

『ファーストラヴ』

島本理生 著

今年上半期の直木賞受賞作です。
題名から想像する甘い香り とは程遠く、
親と子の殺人をきっかけに、
家庭環境によって、こころもからだも傷付いてしまう。
こころを封印したり
家族がみんなバラバラで、お互いに頼れなかったり、
とにかく、重い内容のオハナシでした。
こんな世界に飛び込まずに済む生活をしているだけで
ありがたい
と思うのでした。




以前、何かで聞いた気がしますが、
日本の殺人事件は、身内の犯罪が一位を占めているのだとか。
安全安心の国なのか、
いまひとつ分かりません。

立川市図書館からのカリモノ


« 朝顔 | トップページ | 緩衝材 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ファーストラヴ』:

« 朝顔 | トップページ | 緩衝材 »