2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 黒船祭 | トップページ | 快眠 »

2018年5月27日 (日)

梅漬け

梅干しがスキです。

この季節になると毎年、自分で漬けたいな
と思うのですが、
梅雨の時期と重なって、干すタイミングが難しく
作りたいな~
と思い続けていましたところ、
そうそう、むか~し、従姉が
「ウチの方は、梅、干さないねぇ。だから、梅干しじゃなくて梅漬けって言うよ」
と言っていたのを思い出しました。
よしっ
あの味を作ろうと検索したら
長野のカリカリ梅は、その地方でしか作っていない品種の梅だと知り・・・
去年、長野の叔母に会った時、
「おばあちゃんが作っていた梅(漬け)を作ろうと思ったんだけど
カリカリになる小梅って、長野でし売っていないんだってね。」
と、ねだったら
「今度売りに出たら、買って送ってやるよ」
と、期待通りの言葉を頂き
そして、何よりも
忘れずに
レシピと合わせて、自家製の野菜も一緒に送ってくれました。

05271


5276

一日、水に漬けます。 あく抜きらしいです。

05272



次の日、
漬物用の焼酎・・・ホワイトリカーと言って、お酒売り場ではないコーナーで
買って来まして・・・

少々のホワイトリカーと塩を掛け、すり鉢で塩もみします。

05273

2度くり返しました。


くにゃくにゃに柔らかくなり、テカテカしています。


酢と" 梅をカリット漬ける素 "を入れ、冷蔵庫に入れて数日様子を見ます。

05274

数日後に、次の展開になったら、ココに記録 します。




ここまでが基本形


あと、おばあちゃんの梅には
酸味が弱くて、甘酸っぱい梅(漬け)もありました。
砂糖を入れます。
これは、クックパットでお知恵を借りて
ほんの少しだけの挑戦です。

05275


これも途中経過なので


数日後に、次の展開になったら、ココに記録 します。


手作りって、楽しい作業ですね
夫からは、「忙しくって、死にそうだよって毎日言っているのに・・・」
と言われそうですが、
たぶん、
こんな事をしている時のワタシの顔は
死ぬ事を忘れる位、
活き活きしているのだと思います。



« 黒船祭 | トップページ | 快眠 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節・シーズン」カテゴリの記事

ご当地名物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅漬け:

« 黒船祭 | トップページ | 快眠 »