2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 第94回箱根駅伝予選会 | トップページ | 市役所に事前相談 »

2017年10月17日 (火)

『老ける脳と老けない脳-60代が分岐点』

友寄 英哲 著


著者は、現在80代。
円周率4万ケタまで暗記している
という。
円周率を覚えて生活の助けになる事はないと想像しますが
覚え方、考え方について説いた一冊です。

昔、子供の頃は
友だちの家に電話をする時
"ミナサン・・・・"とか、語呂合わせして覚えていないと
いちいちダイヤルするのに面倒だった。
その流れで、4万ケタの円周率を記憶出来るのだそうです。




生活が便利になる一方、
ふとした時に困るかも知れないな。
家族全員の携帯番号をすらすら言える
・・・"あまり"いないだろうね
自分のでさえも、自信ない
老ける脳になってしまった。

立川市図書館からのカリモノ

« 第94回箱根駅伝予選会 | トップページ | 市役所に事前相談 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『老ける脳と老けない脳-60代が分岐点』:

« 第94回箱根駅伝予選会 | トップページ | 市役所に事前相談 »