2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« はつごーや | トップページ | 『老いと収納』 »

2017年6月 8日 (木)

『山猫珈琲 下』

湊かなえ 著


このシリーズの上巻は、
地元新聞などに連載された記事が多かったデス。


この下巻は
山岳関係の本とか、旅行に関する本などに
「山とワタシ」・・・"みたいな"内容で掲載された、幅広いオハナシを集めた一冊です。


文頭にプロローグみたいな感じで
あちこちに色々な内容でエッセイを書いたけれど
トンガ王国と森村桂さんと妙高山のことが多かった
と書かれているんですね。
もう、ワタシそれだけでびっくりしちゃって
どこ!?どこ!?と、かなりのハイスビート


湊かなえさんがトンガ王国に行くきっかけになったのは
森村桂さんの『天国に一番近い島』を読んだ時だそうです。
・・・この本の島は、ニューカレドニアですが
島の持つ雰囲気は近いものがあるのだと思います。
…ワタシはどっちも行ったことはないですけどね。

それから、「トンガに行きます」
と伝えに、森村桂さんに会うために東京にやって来たとか。
残念ながら、その日は会えなかったそうです


実はワタシ
森村桂さんがご存命だった頃
交流がありました。
森村桂さんや、加藤登紀子さん、ムツゴロウ王国の畑さんの一人娘・明日美さんなどが中心となって開催していた、
チャリティークリスマスパーティ(キチンと着席形式)に何度か参加して
桂さんお手製のケーキをみんなで食べたりもしました。



年賀状は、亡くなる前まで毎年必ず届いていましたし
軽井沢のお店のオハナシも楽しかったので
ココロがそんなになっていたとは思いませんでした。
ワタシが結婚して、今年で30年になりますが、
つい先日も、友人から
「結婚式に天国に一番近い島の森村桂さんから祝電がきたんだよね」と言われました。
別の意味で、そんなに昔の出来事を覚えている友人の記憶力にビックリしまして・・・。
・・・余談になりますが
その結婚式(正式には披露宴ですね)に
歌手が来て、何曲か謳ってくれました。
親族の友人なのですが、ある題名を言えば、私たちの年代なら知らない人はいないと言えるほど、大ヒットしました。
それは、ある題名・・・或は歌ってみれば。の話でして
この場で名前を割愛する理由は、ソコにあるのですケド



そうそう。軽井沢には、アリスの丘のティールーム と言うお店
今も存在しています。
機会がありましたら、やさしい気持ちを感じに寄ってみてください





高校の頃、読書とは無縁のワタシでしたが
友人に「ともだちならば」と言う本を紹介して貰ってから
絶版になった数冊以外、買い集め、
ほぼ読破したと思います。
…家が傾いてきたので、手放してしまいましたケド。
金銭的なコトではない方ね。
どっちにしても、建築士としてあるまじき。と実感し
それからは、本は借りるモノ
となったのです。
ハナシがあちこち飛びましたが
湊かなえさんの本に魅かれるのには
こんな共通点があったのかも知れない
と実感したのでした。

立川市図書館からのカリモノ

« はつごーや | トップページ | 『老いと収納』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『山猫珈琲 下』:

« はつごーや | トップページ | 『老いと収納』 »