2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『本を守ろうとする猫の話』 | トップページ | はつごーや »

2017年6月 3日 (土)

『50過ぎたら見つけたい人生の"落としどころ"』

沖 幸子 著


前作 心を足し算してポジティブに考えていきましょう
に対して
今回は "落としどころ" がテーマです。



若い頃は考えもしなかった
「やらなきゃ~と思っても、カラダが付いて行かない」
夕方以降、使い物にならないワタシになるなんて
これっぽっちも考えに及ばなかったデス


そんな時は、
人生には思い通りにならない事がある
・・・無理を知る


気付けば、
物事に対して 「こうでなくてはいけない」と思い込んでいた時期が長かった気がします。
その時は分からなくても
今 思うと
あの頃は・・・なぁ~
ってね


今、
従妹が、親の介護のコトを中心に
悩んでいるというか
イライラすることの連続の毎日のようです。
お互い、ある程度大きくなってからは、
仕事も続けていますし、日々の生活、子育て
と、何でもない毎日を忙しく暮らしています。


・・・なので、


毎年の年賀状だけの繋がりでしたが
親が病気をした、亡くなった、その他の親類に不幸があった
その度毎に、介護度の親に代わって
連絡を取り合うようになり、"お互いの状況を知る"になりました。
 
 
ワタシとは、遠く離れている所に住んでいるので
手紙のやり取りが中心です。
便箋数枚に書ききれない、様々な葛藤があると思います。
本書に「どうすればよいか」前向きに考える
とありました。
これをヒントに、次の手紙には、良いアドバイスが出来そうな気がします。
 


立川市図書館からのカリモノ


このシリーズの今回も近隣図書館から回してもらった本です。
今回は、多摩市立図書館さんから~
ありがとうございました

« 『本を守ろうとする猫の話』 | トップページ | はつごーや »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『50過ぎたら見つけたい人生の"落としどころ"』:

« 『本を守ろうとする猫の話』 | トップページ | はつごーや »