2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『老衰死』 | トップページ | 良いお年を »

2016年12月29日 (木)

『終わった人』

内館牧子 著




このオハナシの主人公は、
昭和24年生まれの63歳。
東大法学部卒 メガバンクを経て子会社に出向。
そこで、定年退職。
年収1000万円超の収入から、
定年延長をして嘱託で6割カットの給料をもらうなら
辞めた方がマシ。
と一気に、毎日が日曜日になります。



歩かなきゃ
から始まって
図書館・・・
スポーツジム・・・
カルチャースクール・・・
大学院・・・
大抵、考える事は誰しも同じようなもので
今まで出来なかったことにチャレンジするか
となる訳なんですが
今まで出来なかったことは
高齢となった今
叶うはずもなく
20代30代にやりたいと思っていた事は
やっぱりその年代に相応しいと気付きます。
又、再就職をしようとハローワークに出向き、
やっと見つけた零細企業の面接で
「東大法学部卒のかたが来る会社ではない」
と言う理由で、採用を断られ
仕事に相応しい人を選ばれる事にも気付きます。
何もない毎日のようで
山や谷、ちいさな丘・・・
そんな日々を過ごしているうちに
大きな山に登り、人生のてっぺんに到達



・・・と思ったら・・・


平均寿命まであと10数年。
残りの人生、ガマン出来ない年月でもない。
そう考えている時に
一本の電話から
思いもかけない展開につながる出来事が起こります。
・・・でもね
今まで、たっくさんの財産を所有していたから、そう思えるのでしょうケド
すっからかん
と言いながら
1500万円の預貯金は残り
年500万円の年金は入るんだって
ワタシ自身は、ココにも到達していないショックで
読んでいて
既に終わったなと思ったとさ
そろそろ、現役引退を考えている アナタ と ワタシ に・・・
お薦めの一冊。


終焉っぽい本が二冊続きました


立川市図書館からのカリモノ

« 『老衰死』 | トップページ | 良いお年を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『終わった人』:

« 『老衰死』 | トップページ | 良いお年を »