2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« でんぽっぽ | トップページ | おばさんのすまほ »

2016年10月28日 (金)

『マンガでよくわかる 怒らない技術』

島津 良智 著


題名の通り マンガです。



・・・怒らなくてはならないような
・・・怒ってしまいそうな
そんな 「ビジネス上のシーンあるある」 をマンガで書いてあって
では どのように対処したらヨカッタのか を文章で説明しています。





もっと前に知っていたらね~
と思うことしきり
ただ、かなり広い心を持つ余裕がないと出来ない
だから、もし、知っていたとしても
ワタシが出来るとは思えない



特にね 
イライラのもとは価値観の違い と謳っている章があって


自分が明るい性格であれば、暗い人にイライラします。
きれい好きな人は、だらしない人が気になります。
神経質な人は無神経な人が鼻につきます。
時間を守る人は時間にルーズな人が目に入ります。
でも、それは自分の価値観に合わないから気になるだけです。
・・・・あなたがイライラしているのは、相手の問題ではなく、
自分の問題です。





えぇ~ そうなの
ホントにそれでいいの





立川市図書館からのカリモノ




« でんぽっぽ | トップページ | おばさんのすまほ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

『自分の常識は他人の非常識』
私はそう思って仕事をしてます(^^;
お客さんの常識と私の常識は違うと思わなきゃやってられないからね~。
‘こうあるべき’って思ってしまうと結局ツラいのは自分。
「あーそういう人もいるんだねぇ」
と受け止めてます。

あんでぃさん、コメントをくださりありがとうございます。

あんでぃさんすご~い
ワタシも、何かの折に
「そういう人なんだぁ」と思った時
「かわいそうになぁ」と思うようにしていたんだ
・・・けど
時間にルーズな人との待ち合わせで
悪いのはワタシ・・・とは、きっと 一生考えられないかも

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『マンガでよくわかる 怒らない技術』:

« でんぽっぽ | トップページ | おばさんのすまほ »