2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『監察医が泣いた- 死体の再鑑定』 | トップページ | 立夏 »

2016年5月 2日 (月)

『天才』

石原慎太郎 著



石原慎太郎さんが、田中角栄氏の視点から、一人称で書かれています。

たくさんの参考文献と、様々な人からのオハナシを元にしているそうなのですが、

なんで、ここまで知っている人がいるの

と思う事がいっぱい

単なる憶測だけで書かれたとは思えない場面あり、

よくここまで聴き取れたと感心しました。


しかし・・・、

天才と言うか、努力家と言うべきか

良いことも悪いことも含めて・・・

いっぱいやって来たんだなぁ~とつくづく思います。

今の時代、ここまで情熱的に国を動かし、取り組める人っていないと思うし、

これからも、簡単には現れないかもしれませんね。

また、色々な話を取り巻く当時の政治家たちも登場します。

み~んな、フルネームの実名で

映画化・ドラマ化したら、おもしろそう


そうそう。

中学の夏休み、読書感想文ってありましたね。

その頃は、本とは無縁のワタシでした。

やっと 選んだ本が『人間 田中角栄』赤い表紙の難しい本でしたので、

てきと~に内容を写し書きし

原稿用紙を埋めた悲しい記憶が、鮮明に残っています。

悲しい理由・・・たまたま同じ本を選んだ同級生と、ほぼ同じ内容だったんだぁ

立川市図書館からのカリモノ



« 『監察医が泣いた- 死体の再鑑定』 | トップページ | 立夏 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『天才』:

« 『監察医が泣いた- 死体の再鑑定』 | トップページ | 立夏 »