2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 本当の貧しさ | トップページ | 『大和言葉つかいかた図鑑』 »

2016年4月15日 (金)

心構え

また、大きな災害が起きてしまいました。

被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。


一夜明け、明るくなって来る毎に状況が刻々と報道され、

昨夜はまだ明らかになっていなかった被害状況が

思いのほか甚大だったと知りました。

これから、がれきの撤去や飛散したガラスなどキケンもたくさんあると思いますが

二次災害が起きないよう、

充分気を付けて頂きたいと思っています。





折から、

自治体の耐震診断の助成金支援制度も

4月1日からの新年度に合わせて予算が組まれ

今年度の受付が始まったばかりでした。

これは毎年組まれますが、年度の途中で予算に到達すると、終了してしまいます。

そうすると、来年の4月まで待つしかありませんので

ちょうど、今年度の耐震診断のご依頼が何件か来ている矢先の出来事でした。





建物の耐震性・・・

眠れなくなるほど、必要以上に心配しなくても良いと思います。

もし 「この建物、大地震の時が心配だな。どうかな」

と思われるなら、

耐震診断をお薦めします。

ただし、耐震診断をしただけでは、耐震性がUPする訳ではありません。

キチンとした補強設計をして、

それに沿った補強工事がなされて初めて耐震の意味があります。

多少の費用が掛かりますが、

世界のあちこちで大地震が起きる度に、不安が増幅し、心配が絶えないのであれば

リフォームのついででも良いですし、

最低限の耐震性を備えた・・・一気にぺしゃんと潰れないであろう工事だけ

をする選択肢でも充分だと思うのです。

特に、塀が倒れたり、家屋が倒壊し、道路を塞ぐと、その一軒の為に

救援の車両が通れなくなります。

そんな情景を見るにつけ、何とかならなかったんだろうか

と悔やんでなりません。


ワタシの夫、設計おじさんは、

建築物の危険度判定員(東京都災害ボランティア)です。

耐震診断や補強設計、改修工事の監理をするだけでなく

要請があれば、

建物の被害状況を把握、【赤い紙や黄色い紙】を貼りに行ったりもします。

・・・今回は、遠方なので東京からの派遣はないかも・・・ですが。

近日中に資格者の集まりが予定されているので、

何か情報が入りましたら、お知らせしたいと思っています。






この記事を書くきっかけとなったのは

この地震の30分ほど前のコトです。

東京を中心とする地震があり、わが家ではドスンと一度縦揺れがありました。

一瞬のコトで、なにと思ったのですが、その後に小刻みにガタガタと揺れたので

それが地震だったと理解できたくらいです。

いきなり、こんな揺れは経験したことがなかったので、

(お風呂に入ろうとしていたワタシは)

お風呂から上がったら、どこが震源地か知りたいとテレビを点けたら、

・・・九州

いやいや、その地震とは違っていて・・・

でもね。そのドスンは本当に凄かったんです。

« 本当の貧しさ | トップページ | 『大和言葉つかいかた図鑑』 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心構え:

« 本当の貧しさ | トップページ | 『大和言葉つかいかた図鑑』 »