2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『花森安治のデザイン』 | トップページ | 日帰り 2 »

2016年3月17日 (木)

日帰り 1

春なので、旅行と言いたいところですが、

しゅじゅつ

最近、お知り合いになったかたには、ご存じないかも・・・ですが、

昨年末、ワタシは検診をきっかけに・・・

ホルモン療法の薬を飲みながら

超音波検査や血液検査、MRI 検査などを経て、

昨日

日帰りしゅじゅつで・・・がん、取って来ました。

日帰り入院ではなく、

外来で取りましょう」となったのです。

・・・びっくりぽんでしょ。

ただ、すごいのはワタシじゃなくて

今の医学の進歩がすごい

昔は、全身麻酔で全摘出が普通でしたが、

今は、局所麻酔で温存。と言う方法が増えているのだそうです。

ぶつけなければ、今日からシャワーや普通の生活をしてもイイらしい。

局所麻酔で、8cm×4cmの細胞(脂肪)を取ったので、

    (術後、取ったもの見たよ)

その病理検査の結果次第ではありますが、

傷口が落ち着いたら、6週間の予定でほぼ毎日通院し、放射線治療に入ります。

ロングランな治療になりそうですが、

"胸のしこりが無くなって"

なんだか、すんごくスッキリしました。



あとは治療費だわね



この事に関しては「世の中、なかなかうまくできているんだな」

と思うからくりに出会いました。

次の記事に続きます。

« 『花森安治のデザイン』 | トップページ | 日帰り 2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

メディカル」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした
おいしいものでも食べて、好きな本読んだりして
心にも栄養をつけてふんばってくださいね

医学の進歩ってすごいですね
日帰りでできちゃうんだ・・・
ってことは入院保険使えないのかな・・・とかちょっと考えちゃいました

お早うございます。

最近の医学の進歩には驚きです。
以前はガンと名がつけば、大騒ぎしたものです。
私も若い頃、早期発見で二度手術を受けましたが二週間の
入院と暫くは家で療養でした。
今は早期発見だと、内視鏡で簡単に手術が出来るとか。
しかも日帰りで・・・。

どうぞお大事に。

marumiさん、コメントをくださりありがとうございます。

ご心配いただき、ありがとう。

思っていたより難しかったらしく、3時間掛かりました。
局所麻酔なので、
ドクターの「う~ん。わかんねぇな」「どうしようかな」
がしっかり聞けます
おまけに、麻酔の効き具合がイマイチで、
「痛いです」「はい。じゃあ麻酔しますよ」
の会話もたくさんしました
その割に、夕べも今日も殆ど痛みがないんだよね
外来の手術と日帰り入院の違いは
手術の前後とかに、ベッドを使うかのようで、
・・・ワタシは、ずーっと立って歩いていたので、
明細書の入院の欄に点数はゼロでした。
この差が、がん保険の場合に大きいみたい。

今日の診察の帰りに、
ドラえもんのDVDを借りて来たんだ~
甘いもの食べながら見ます

ぴえろさん、コメントをくださりありがとうございます。

ご心配戴きありがとうございます。

ぴえろさんも手術をされた事があるんですね
医学は目まぐるしい発展で、思っていたのと全然違いました。
温存手術でしたが「ごっそり取った」と言われました。
その場でカタチの補正もして、仕上げは糸でもホチキス(?)でもなくテープです。
患者数がとても多くなった分、考え方も日々進化してきているそうです。

こんにちは
お疲れ様でした。
それにしても…8cm×4cmも切除されたのに
局所麻酔で日帰り手術とはびっくりポンでした。
医療は日進月歩とよく聞きますが、まさしくですね。
今後の放射線治療。しっかり体力つけられ、
ロングランを乗り切ってくださいね。

こんにちは。
しゅじゅつ の文字にドキリとしましたが、
今って外来でできちゃうんですね
びっくりしました。
どうぞお大事に。
術後の経過が順調でありますことを
心よりお祈りしています。
そして、なにやら気になる次回の更新も
楽しみにしていますね

ポージィさん、コメントをくださりありがとうございます。

ご心配いただきありがとう。

画像を見ながら胸にマジックで印をつけて、ドクターの「こんなに切るのかぁう~ん・・。」
の言葉に、
もしかして全身麻酔に切り替えるかなぁ
とひやひやしました。

縫合が終わって10分程度で⇒手術台から降りて⇒履いて来たスニーカーを履いて⇒
更衣室まで歩いて⇒自分一人で着替えて⇒家族控室にいた家族と
⇒⇒そのまま帰って来ました
手術中は痛い思いをしましたが、帰って来てからの方が、ほとんど痛みはありません。
ホントあんなに取ったのに普通に手も上がりますし、不思議です。

手術のアシスタントに若い人を使って、
「やってごらん。そうそう、素晴らしい」って聞こえていました。
医学の進歩の為なら、仕方ないか・・・

さぼてんの花さん、コメントをくださりありがとうございます。

ご心配戴きありがとうございます。

最初は、日帰り入院なんだと思っていたら、
まるで、外来診察の時に「この用紙を持って、採血室に行って取って来て」
って言われるのと同じ感覚で手術が出来る時代になったんですね。
手術日は、帰路に運転、入浴、・・・以外はOKとのこと。
治療が簡単になった分、思わぬ弊害がありました。
がん保険って・・・
うっそー

こんばんは〜

無事、手術終わり良かったです。
早期なら今は、こんな簡単に施術出来るんですね。
医学の発達は、すごいです。
本当に「びっくりぽん」です。

でも予後が大事です。
無理をしないようゆっくり休んでくださいね。
お疲れ様でした。
お大事にして下さい。

part_hさん、コメントをくださりありがとうございます。

ご心配戴きありがとうございます。

ホント、手術中はずいぶん痛い思いをしましたが、
局所麻酔と全身麻酔の違いは、術後のQOLが格段に違いますね。
日本の医学の進歩、本当に素晴らしいと思いました。
30数年前の盲腸よりずーっとラクです。

家にいると、つい無理して動いてしまうので、昨日は極力 "家族を利用して"
ゆったり過ごしました。こんな時くらいですものねぇ~
洗濯物が山ですケド・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日帰り 1:

« 『花森安治のデザイン』 | トップページ | 日帰り 2 »