2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 検査の結果 | トップページ | 『歪曲報道』 »

2016年1月23日 (土)

くもりのちはれ

昨日の記事には、たくさんの励ましのお言葉をありがとうございました。


バタバタしていた一ヶ月で、

ココログの記事も、"読書感想文"が多く、いつになく心ここにあらずな雰囲気が伝わってしまっていたかも知れません

途中で 「今日はこんなコトがあって」と書こうかとも思っていたんですが、

最終的に 「イロイロあったけど、結局は病気じゃないって判定だった~」

・・・と、自虐ネタで終わらせるつもりでした


・・・てな訳で、思い描いていたのとは逆な結果ではありましたが、

又、勝手に想像していた病気とは大きく違う事にびっくりもしました。

告知とか、すぐに手術とか、余命とか、死と直結するイメージしかないのは、

おそらく、ほとんどの人が同じだと思います。

何年も前なら、きっとそうだったのかもしれないのですが、

今の医療の進歩ってすんごいです。

病気になるなら、早く見つけるより、あとで見つかった方がラクなんじゃないかと思ったくらいですから。。。

そんなのんきなワタシですから、

この場で、

「みなさん、検診に行って下さい」

と言うのが、本当は優等生なのでしょうが、

「半年前の人間ドックでは異常がなかったのに・・・」なんていうかたの言葉を聞く度に、

「ほ~らね。ワタシなんて、何年も受けていなくても大丈夫」と、変な自信を付けていた手前、大きな声じゃ言えないしね

そして思ったのは、

ワタシのこのアクシデントが、ちょっと気になるような気がする

とそんな程度でも心に残ったら、

受診の良いタイミングなのかもしれないと思いました。

・・・なかなか、行き難いものね。今年は特に予約も取れなかったし。

待合室で待っていると、検診の初診の人ばかりでした。

回りは皆、ご同輩なので、行ってしまえばどうってことなかったな。

但し、

大きな病院を紹介されたのは、ワタシだけだったけどね





ココログのお仲間にカミングアウトしてヨカッタです。

大きな心の支えになりました。

ワタシの場合は、不幸中の幸いなのでしょう。

抗がん剤が効くタイプではなく、ホルモン療法と言って、今は毎朝一錠の飲み薬だけ。

特に、副作用など日常生活に支障をきたす事も起きていません。

「がんばります」と書くほど、頑張ることがない治療です。

だから・・・

検診は怖がらずに、「行こうかな」と少しでも思ったら

来年度は行ってみるのもイイんじゃないかと思います。

(今年度はもう いっぱいかも)



最後に

みなさまありがとう。

外はこんな天気ですが、モヤモヤが取れて、ワタシの気持ちは晴れ晴れです。

これからもソフラン・レノア共々よろしくお願い致します。

・・・あっ JOYも。

« 検査の結果 | トップページ | 『歪曲報道』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

メディカル」カテゴリの記事

コメント

そうだったんですか…
最近お忙しいのかな~なんて思っていたのですが。

うちの妹も乳がんでした。
手術して3年になります。
乳房も再建しました。
一時はホルモン療法のために更年期のような症状に悩まされていましたが、
今はすっかり元気で以前より若くなったように思います。

妹はもともと乳房に不安材料があり、
半年ごとの検診を受けていましたが発見されず、
自分の触診で見つけました。
それでも検診は大切ですよね。
意識するというか…

私自身は二年に一度しか検診に行っていません。
市の無料検診が二年に一回なので…
設計おばさんさんの記事を見て、
今年の健康診断に乳がん検診をプラスしようと思いました。
早期発見が大切ですものね。

実は昨日書こうと思っていたのですが、
言葉がうまく見つからなくて…


ありきたりですが、頑張ってくださいね。
長々と書いてすみません。


箱缶&もももさん、コメントをくださりありがとうございます。

ありがとうございます。
ご心配をおかけしました。

妹さんもだったんですか・・・。
同じホルモン療法系なんですね
今はお元気にお過ごしとの事で、ワタシも心強いです。

イロイロ調べているうちに、がんの発症率って物凄く高いと知りました。
検診が有意義かどうか、ホントに悩む所ですが
行かないよりは行った方がイイと痛感したのでした・・・。

マウスのご機嫌がよくなったんですね
マオちゃん、何かしたでしょ
と思いました

痛みはいかがですか?
ウチのB子のことでも学びましたが、「痛い」は見過ごしてはいけません。
がまんしすぎてはだめです。
そして、医学はとてつもなく進化しています。
40年前の私の盲腸の手術あとはみみずばれなのに、B子の手術あとは細い1本線です。
手術のときも高圧のストッキングを履かされ、さらに足にマッサージ機のような物をつけられていました。
設計おばさんは、手術ではなく、薬だけ・・・・
ココログ友人として、結果が気になっていただけに、いい意味で気抜してしまいました。
これからも、本紹介含め、いろんな記事楽しみにしてます。
治療は忘れずに薬をのむことをがんばり、他のことはがんばりすぎませんように。

ちえ梟さん、コメントをくださりありがとうございます。

ありがとうございます。
ご心配をおかけしました。

察しのイイちえ梟さんだから、多分、何かを感じていてくれていたのだと思っていました。
ワタシも、無駄足で終わると信じていたんだけどね。

痛みにも波があり、今、ラクになっているのが薬のおかげなのか、たまたまなのかは分かりませんが、ここ数日は…きっと気のせいかな。良くなってきている気がします。このまま消失する人もいれば、病巣が小さくなって、手術が簡単になる人もいるのだそうです。
ホントに今の医学はすごいよね
たまに病院に行くと、もう、受付システムからオロオロでしたわ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くもりのちはれ:

« 検査の結果 | トップページ | 『歪曲報道』 »