2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 亀の子スポンジ | トップページ | 1パーセントの卵 »

2015年8月21日 (金)

『文學界 2015.2』

あの  又吉直樹サン 著による

『火花』掲載号です。

まだ、単行本が発売になるずーっと前に図書館に予約して・・・

半年とちょっと待って・・・

やっとやっと 手元に届きました。

それでも、途中でどなたかが、ストップをかけて(?)順番待ちが動かなくなった時、

図書館の職員さんに

「切り替えて、単行本にした方がイイでしょうか」と聞いたら

もう既に長い行列だったので、

「いいえ」 ってんで、

『文學界』で借りられました。



無口でおとなしいイメージの又吉さん。

実は、こんなに繊細な心で物事を捉えているんだ

と・・・びっくり よりも やっぱり。



ワタシの勘違いで、

「売れない主人公芸人と女性 の物語」だと思って読み始めたら

主人公の先輩芸人とその彼女たち とのオハナシ。

熱海の舞台にはじまり、熱海で終わる。

オハナシの舞台は、東京の高円寺、吉祥寺北口、世田谷、渋谷、

その界隈なんですが、

「お弁当を作って立川の昭和記念公園にも行ったし。。。」

もありました

親近感倍増~




花火でなくて 火花 ね・・・

深いなぁ






立川市図書館からのカリモノ

« 亀の子スポンジ | トップページ | 1パーセントの卵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『文學界 2015.2』:

« 亀の子スポンジ | トップページ | 1パーセントの卵 »