2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『日本の大和言葉を美しく話す』 | トップページ | 『我が闘争』 »

2015年7月20日 (月)

外野席から

最近、

結構、イラつく大きいニュース が多いな。と

それも、中が見えない・・・ 見せない

詳細を国民に周知させていない・・・知らせない

実態が読めない・・・曖昧にしておく

そんな気がしています。

設計おばさんの仕事柄、

一番よく分からないのが、建築費云々のオハナシ。

仕事柄、堂々と「よく分からない」って言うのも、更に変なんですけど・・・。


デザインコンペと工事費は別だと思います。

それがそのまま実現できるモノなのかも、又、別だと思います。

だから、我事務所は、コンペに参加しないことにしています。




その建物
は、今、どの位の設計段階にいるのかすら、耳に入って来ないでしょ。

それで、工事会社と工事契約するとか、聞いた気がします。

ワタシが考えると、

デザインはおろか、基本設計(住宅に例えるなら、敷地に配置する位置や間取り)どころか、

実施設計(材料やメーカーの品番など)が全部完了しないと

見積金額は出て来ません。

もちろん、その段階で工事契約出来る訳がないのが普通だと思っていました。



規格型の住宅ならば、基本パターンにコレを足すといくら。

付けないなら、減額。

と、単純に試算できるのでしょうが、

この規模だものね

夢を抱えて、住宅を持とうと考えている方には残念なオハナシですが、

建築物は、何から何まで100パーセント完璧は、ないと思っています。

望むもの全てを取り込めば、コストは上がりますし、

ローコストを望めば、取捨選択が迫られ、優先順位で切り捨て諦めも必要です。

そのメリットデメリットを自分の心で考えて、

一番良いと思う道に進むのが、最良なのだと思います。

人任せに、擦り付け合って、こんなコトになったのは・・・は、

大人の偉い人がやるコトではないと思うのです




実態はな~んにも知らないけど・・・

そんなに? 余裕のある国ではないんでしょ

なので・・・「無理しないで、出来る範囲でコンパクトにします」

    ・・・税金をいっぱい払っている身としては、悪くないと思うケドな


« 『日本の大和言葉を美しく話す』 | トップページ | 『我が闘争』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

気になるモノ」カテゴリの記事

コメント

新国立競技場のことですね。僕的にはいまさら白紙撤回なんてなにを言ってるのかって感じです。事前に分かってて当たり前じゃないかと思うのですが。いきなり工事費が急騰するなんて。それ以上に今からやり直して果たして間に合うのかが心配です。

モモのパパさん、コメントをくださりありがとうございます。

ホント、間に合わせて欲しいですね。
これから、どの案にするか決めると言いながら、
設計に何ヶ月。工事に何ヶ月。って発表しているのがとっても不思議です

外野からやんや言っても、どちらの声も届きませんね

こんにちは。お久しぶりです。

ホントに毎度のことながら置いてきぼりのイチ国民ですが・・・
設計ミスとか言われるキールアーチなくすとか、いろいろ削って予算に近づけたりできないの?と思ってしまいます。
だって、ウチ建てるときだって、大体の予算で上がってきた設計図みながら、
この材料はコレにしたらいくらだけど コッチならいくらでできます…的な話で妥協、妥協、妥協・・・して建てるもんじゃないのかしら?
少なくとも我が家はそうでしたけど。

まさか設計料だけで1300億って言ってるわけじゃないと・・・

ともかく間に合うようにしてくれないと
この期に及んで責任の押し付け合いは見てるだけで情けない

marumiさん、コメントをくださりありがとうございます。

ホントだよね
marumiさんのおウチのように進めていくのが、普通だと思います。

お偉い先生方は、どうも庶民の感覚とはかけ離れているらしい。
今回も、実感です。

真実は何なのか、
きっと公表できない理由があるんだろうと思います。
そうじゃなきゃ、更に不可解

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外野席から:

« 『日本の大和言葉を美しく話す』 | トップページ | 『我が闘争』 »