2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 虫除け | トップページ | 実が成る わが身になる どこか共通している気がする »

2015年6月12日 (金)

カリモノ

ワタシは、本は図書館で借りるコトにしています。

読んでみて、或いは読む為も兼ねて手元に置いておきたいと思った時だけ、買うコトにしていますが、・・・滅多に買いません。

読んでみたい本に出会った時に、すぐ、図書館のサイトや専用用紙でリクエストするのですが、

やはり人気で、なかなか手元に届くまでに時間・・・いや、月日が掛かります。

例えば、在書が2冊で貸出中だったとして・・・、もう既に順番待ちの人が2人居たとして・・・、

ワタシは3番目の予約になるとします。

貸出期間は2週間ですから、単純に計算しても、最長で5週間後には「用意出来ました」と来てもイイはずです。・・・かなり、アテにして指折り数えて待ち構えている位です。

ところが、順位が1を表示したまま、1ヵ月しても連絡が来ない時がありました。

カウンターで聞いてみると

「前の方がまだ・・・」と申し訳なさそうに謝られてしまいました。

イヤイヤ 悪いのは、アナタではなくて・・・「そういう人もいるんですねぇ」とその場は引き下がりましたが、ちょっと後味悪かったデス。

その本は、ぶ厚い小説などではなく、お料理のレシピ本系でしたから、

読みきっていないってコトではなさそうです・・・。

そして、輪を掛けて先日の出来事がありました

カウンターで、小学校低学年くらいの男の子とその母親と見受けられるふたりが、

手に持ったハガキを見せて  「これ、・・・ないんですけど」

職員・コンピューターのディスプレーを見ながら  「そうですかぁ」

又々   「はい。ないんです」

双方の会話は、間隔を空けながら話していたので、最後の会話まで聞けずにワタシの本の貸出手続きは終わってしまいました

ココまでの会話の内容から想像するに

「〇〇の本の返却期限が過ぎています。次に待っていらっしゃるかたがいるので、至急ご返却をお願いします」とか何とか、そんなのじゃないかと想像できるのですが

「ないんです」・・・は、ないよね。

「返しているはず」 とか 「無くしてしまったみたい」 とか

なんで言えないんでしょう

図書館の職員さんも、返答に困っていました。

ねぇ~ どうよ・・・。


こういう人に、「1万円貸して」と言われたら、即答で「いいよ」と言える器量はありますか。

ワタシは・・・ないな。

恵んであげる(貸すじゃない) キモチも、金銭的な余裕が まず ない


最近は、PTA会費の集金が大変と役員になった友人がこぼしていました。

私たちが子供の頃は、払えないのはそれなりの事情があったから。

最近は、無くて払えないのではないらしい。

人から借りたものや支払うべきものに対する意識が変わって来た。

と考えて、対応しなくてはならない時代なんですね


借りたものほど、自分の所有物より丁寧な扱いをする なんて死語になっちゃうのかな。


そんな時代の中で生活すると言う事は、簡単に借りられると思ってはいけないのか・・・

・・・情けないな

« 虫除け | トップページ | 実が成る わが身になる どこか共通している気がする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

気になるモノ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~

輪をかけた、、、、図書館での出来事。
「ないんです」は無いよねー

ホント情けなくなるし、、、
腹立ってくる こんな大人。

普通、、、
『返却してると思いますが、今一度 確認していただけますか?』とか
『申し訳ないんですが、無くしたみたいなんです。どうすればいいか教えていただけますか?』
とか 一応 状況なりを説明するでしょー。
子供じゃあるまいし。。。

親としてどーなの?「ないんです」で済ますって。
子供が見てますよ。お手本にするよ。あ~怖い。

借りたものは丁寧に扱い、なるべく迅速に返すなんて”常識”だと
ずっと思ってましたけどねー

嘆かわしい世の中になったものです。

まっ、ほんの一部。
一部の不心得者と思いましょう。

こっちがストレスでからだ壊すといけませんもの。


お気楽mama(yukiko)さん、コメントをくださりありがとうございます。

あ~、やっぱりそうですよね。
もし、ワタシたち2人がこの場に居たら・・・どうなっていたでしょう

そして、一番可哀相なのは・・・この人の子供だね
とりあえずは「反面教師」と言う言葉を教えてあげたい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カリモノ:

« 虫除け | トップページ | 実が成る わが身になる どこか共通している気がする »