2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『ラプラスの魔女』 | トップページ | 『億男』 (おくおとこ) »

2015年6月23日 (火)

いの1番

今日は、うまみ調味料のオハナシではなく、

「いの一番で駆け付けるよ」・・・のオハナシ。



何よりも先に・・・一番先に。

いろは の い

1 2 3・・・ の1

ですから、

ここが一番最初。



いろは と言うところが、時代を感じますね。

チョットこの写真を見て下さい。

0623


上棟式を控え、土台が運び込まれた写真です。

※コンクリートの部分は 基礎 と言います。

その上に、横に並べる(正式には敷くと言います)木材(これ)は土台と言います。

テレビ中継などで、リポーターがごちゃまぜに話している時がありますが、

「津波で、みんな流され、土台しか残っていません」は有り得ません

基礎の上に土台 です。

これを金物で緊結。・・・それが出来ていないと、大地震の際、家屋が外れ落ちてしまいます。






ハナシを元に戻します・・・。

この木材に印刷されている文字があります。

と4  とか ろ5 とか・・・

あら~ぁ

今でも、木造の通り芯番号はいろは と 123 を使っています。

数学のグラフで言うと、X軸とY軸ですね。

これで、柱を立てる時に、先ず いの1番 (0 ・Y)から立て始める ので・・・

建築から来た言葉です。





ちなみに、 ・・・とは、通り と 通り の間  例えて言うならば 3.5  通り

そのまた  の位置を示す時は、又又 になります。










設計図面では、さすがに X と Y を使いますがね。。。

« 『ラプラスの魔女』 | トップページ | 『億男』 (おくおとこ) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いの1番:

« 『ラプラスの魔女』 | トップページ | 『億男』 (おくおとこ) »