2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語』 | トップページ | ペンギン か。 »

2015年2月14日 (土)

じんせいのおぼえがき

目の前に座ったその人は

ワタシたちに向かって

一生懸命、話をしていた。


その話にすっかりノッて、

それはそれは大変でしたね。

と、同情とこれからのアドバイスなども折り交え、

話は弾む

その世界にどっぷりと浸かりきること数時間・・・。


時間と日にちが経過する毎に

我に返り、

もうひとつの考えが脳裏をよぎる・・・

あの時の対応はあれで良かったんだ。


見栄や経済状態や、

そう言わなくてはならないほど、自分のみじめな生活にベールを掛け

取り繕う為の、あれやこれや・・・。

一言一言を思い出したら、本来感じるはずの怒りより、可愛そうに思えて来た




人生で10年に一度くらい、こんな場面に出会う。

今までのワタシなら

こんな大人の対応が出来なかった。


色々危惧していたことが多かった

あるプロジェクト(?)から抜けることが出来た。




こんなことに出会う時、落ち込む人がいるかもしれないけれど、

ワタシは

モヤモヤしていた心の曇りが取れ



一気にすっきりした





社会人になってから、何かと言うと 

「こんなことがあって、こんな人がいて・・・」と父に話したら

上手な話術を披露してくれた。

父がいなくなってからのほうが、

事あるごとに「こんな時、父ならなんて言うのかな」

何度も何度も思い出す。






      来週  父の命日がまたやって来る

         指折り数えると、長く感じるのはなぜだろう

« 『5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語』 | トップページ | ペンギン か。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: じんせいのおぼえがき:

« 『5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語』 | トップページ | ペンギン か。 »