2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 着々と・・・ | トップページ | 秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う »

2014年10月30日 (木)

『島はぼくらと』

辻村深月 著



離島で暮らす4人の高校生が、島の人に見守られながら

そして、

島に帰って来る人を守りながら・・・

・・・の、ザ・青春ものがたり

物語の80%くらいまでは

島の暮らしの、序章

ラスト20%でサプライズやらなんやら

好きなことを続けるためには、

好きじゃないこともたくさんやっといた方がいいよ。

・・・って教えてもらった









立川市図書館からのカリモノ

« 着々と・・・ | トップページ | 秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

島暮らしでなくても
好きじゃないこと、いっぱいやってないと
好きなことを気持ちよくできないような気がします・・・
がんばれ、ワタシ! っていつも気合入れて生きてます

marumiさん、コメントをくださりありがとうございます。

marumiさんはえらいなぁ~
ワタシは、できることなら避けて通りたいと思っちゃう
今日からリセットだな

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『島はぼくらと』:

« 着々と・・・ | トップページ | 秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う »