2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 360°メリハリ美人 | トップページ | わが家のご長寿 »

2014年6月25日 (水)

『くさる家に住む。』

つなが~るズ 著

いやいや!
こんなにおもしろい本に出会ったのは、はじめて
おもしろいという言い方とは、ちょっと違うかな。
楽しい
弾む
微笑む
それらをぜ~んぶミックスした、そんなカンジ。
1ページ目から、
「そうそう そうなんだよね~」
と想う事しきりでした。
1ページ目は、プロローグと題され、
いい家の条件が書かれています。

                            



傷まず丈夫で長持ちする、腐らない家である。
耐震性、耐火性、耐久性、メンテナンスフリー、省エネ、などの工夫が重ねられている家。
しかし、
モノとしてだけの「家」を考えて、中身の「暮らし」を置き忘れてきてはいないでしょうか。
「家」とは、本当にただの器なのでしょうか。



                            



・・・ってね
まだまだ、読み応えのあるプロローグは続きます。
「くさる」とは・・・・・、アナタの考えている意味とは別のモノが、いくつかもあるようですよ・・・


立川市図書館からのカリモノ



                             




家を持つということは、その過程も楽しまないと、もったいないと思います。
土地探しに、足を棒のようにしながら、何度も何度も、足しげく通いつめたり、
銀行に冷たくあしらわれたり
完成して、住んでみて、初めて気付いたちょっとした工夫に、"自分の家"を実感したり、
どの家も、ひとつしかない、物語であり、
立派なプロローグとエピローグが出来上がります。
ほとんどのかたは、初めて自分の家を持ち、おそらく、もう二度と同じ経験はないだろう。と思われている方たちです。
私たちの事務所に来るときには、既に、何回も挫折を味わい、
「あきらめなきゃいけないのかな」
「何で、私たちだけ・・・」と凹んでいるご夫妻も少なくありません。
又、
「機能・性能を重視するのは、普通でしょ。
それが、一番重要。」
と思われている方にこそ、読んでもらいたい。
そう思った所以もあります。
本書に登場する10件のお宅の写真には、
この、くさらない要素が目に留まりません。
色々な方々の、
考え方や焦点をリセットしてみるのにも、
とってもおもしろい本だと、お奨めしたくなりました。

早朝のニッポン、青い空は望めなかったけれど・・・

心を洗われて、とてもすがすがしい気分になれる一冊だと思います。

« 360°メリハリ美人 | トップページ | わが家のご長寿 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『くさる家に住む。』:

« 360°メリハリ美人 | トップページ | わが家のご長寿 »