2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« カルチャーショック | トップページ | ちがうコト »

2014年4月 9日 (水)

『ようこそ、わが家へ』

池井戸潤 著


あの 池井戸潤さんが、こういうミステリーも書くんだ

と思う場面もあれば、

やっぱり、銀行員ね・・・

と思うシーンも多くて。

ミステリー好きなワタシは・・・

読み始めて、すぐに

犯人の目星がついてしまった

そんな、色眼鏡で読み進み、

何か起こる毎に、

うんうん、でもね。おばさんは分かっているんだよ 

と、ニヤけた






思い続けていた2人とは

違った








立川市図書館からのカリモノ

« カルチャーショック | トップページ | ちがうコト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

設計おばさんの予想を裏切る犯人とは・・・・
うふふ、読んでみたくなりましたよ~
早速ネットで図書館へ
でも・・・今をときめく著者、
きっと私の手元に届くのはずーーーっと先と思います。
でも、のんびり待つことにします

えぷろんさん、ありがとうございます。

もう、勝手に犯人に仕立て上げちゃって、
「そんなこと言っても、ワザとらしいなぁ~」
と、楽しんじゃいました。

・・・さてさて、
"いつか"えぷろんさんにも本書が届き、
「もしかして、この人だと思ってたの ・・・なワケないじゃん」
となる日が近いコトを祈ります。
早く届くとイイですね~

こういう裏切りってゾクゾクしますー
私も池井戸潤さん、最近気になってますが
どうしてもドラマが優先してしまいます

marumiさん、ありがとうございます。

ワタシも、「空飛ぶ・・・」から夢中になりました
それ以降、池井戸潤さんの作品は要チェックです。

これがドラマになったら、
ワタシが"あやし~い"と思っていた人の言動が
ホントに意味深になるのかなぁ。
そう考えてみたら、・・・ドラマ化して欲しいデス

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『ようこそ、わが家へ』:

« カルチャーショック | トップページ | ちがうコト »