2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『「和」のある暮らししています』 | トップページ | 期待以上の・・・ »

2014年2月27日 (木)

登記 誰がやる 4 「初歩的なコト」

書類の準備が整い、

近くの法務局で

「これで、佐久の法務局に送っても大丈夫ですか」

と相談に出向く。

夫名義なので、もちろん

訳の分からない夫に、ワタシが同行する

と言う形式で。





一通り見て貰ったら・・・

自分の住所を間違えて記載した箇所あり

こんなんじゃあ、もし、迷子になったら、帰れないね




もしかして、

建築士なんだから、簡単でしょ。

とか、

普段もこういうの出しているんでしょ。

とか、

思われているかたもいると思います。

登記は、

土地家屋調査士 や 司法書士

のお仕事で、

建築士は業務範囲外です。

今回、自分で出して見ましたが、

じゃあ、誰かのもやってあげられるかと言うと、

資格がなければ、本人以外は出来ない手続きです。




何年か前ですが、

クライアントさんの表題登記を早く進めたい時が何度かありまして、

ワタシが、土地家屋調査士を取ればイイんじゃん。

と、軽く考えましたが、

50歳代であること、

女性であることをリンクさせると、あまりの合格率の低さを見て

撃沈しました

« 『「和」のある暮らししています』 | トップページ | 期待以上の・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

家づくり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 登記 誰がやる 4 「初歩的なコト」:

« 『「和」のある暮らししています』 | トップページ | 期待以上の・・・ »