2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『日本語は「空気」が決める』 | トップページ | 『猫なんかよんでもこない』 »

2013年12月10日 (火)

花と雨と猫

何日ぶりの雨でしょう・・・。

今のまま、しとしと降っていてくれたら

心休まる一日になれるかも

水仙の花が咲きはじめました。

かれこれ、20数年前に、この普通の日本水仙と

今日はまだつぼみの八重の水仙を

伊豆の爪木崎で買って来ました。

12101




諸般の事情で 

ほかの植物を植える為に

毎年球根を掘り上げる試練にもめげず、

頑張って咲いてくれています。

陽が差さないので、

ソフランはストーブの前でくるりん

12102





追記
デス

目を覚ましたソフラン

カラダをペロペロお手入れしていたと思ったら

ご~ん

椅子から転落しました~

猫の鉄則

ドジをした事は早く忘れる


って、何かの本に書いてあったっけ

素知らぬ顔して、水を飲みに行った

« 『日本語は「空気」が決める』 | トップページ | 『猫なんかよんでもこない』 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

季節・シーズン」カテゴリの記事

コメント

水仙の花、清楚で素敵ですね。
20数年前の子孫が元気に育っていると言う事ですか?
私は以前の家で、庭で育てた事があったのですが
翌年には姿が消えてしまっていました
球根の堀り上げた後の保存方法をご伝授願います。
私は未体験なので・・・
ソフランちゃん、ご愛嬌
そうそう!!猫の鉄則はウチもしっかり守って
日々暮らしていますよ

えぷろんさん、ありがとうございます。

きっと、水仙はワタシと相性が良かったんでしょう。
これほど続いている花は少ないんですよ。

いつもやっている方法は、
花が咲いたら咲き終わる前にカットして、仏壇やトイレに飾ります。
球根のエネルギー消費が少なくなる・・・と勝手に思っています。
花が全部終わると、葉の姿が美しくなくなってくるのですが、切らずに束ねて麻ひもで縛り、そのままガマンします。
茶色になったら、気分爽快!!掘り起こします。
そのあとは風通しの良い日陰になる場所でカゴに入れて・・・そのまま。
チューリップも"数年間は"この方法で続きます。

この鉄則ね、
たしか、『もっと・・・』に書いてあったような・・・
借りられました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花と雨と猫:

« 『日本語は「空気」が決める』 | トップページ | 『猫なんかよんでもこない』 »