2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 霜降 | トップページ | ソフラン プレミアム消臭 »

2013年10月24日 (木)

『犬から聞いた素敵な話 涙あふれる14の物語』

山口 花 著


犬を飼っているとね、

「『こんな生活の家で飼われていて、つまらないな』  と思っているかな」・・・とか、

「もっと、楽しい思いをさせればいいんだろな」とか、

ホントに頻繁に考えるんですよね。

そんな思いをしている同輩に、読んで欲しい一冊。



ちょうど、JOYの体調がすぐれない日々と重なりました。

背中を丸めて、機敏に動かない。

フンも出ない。

病院に電話をして・・・、症状を伝え・・・、時間少し前に行くとお願いして、

抱えて車に乗せて連れて行きました。


レントゲンも撮って、

「背骨の間隔が狭まっているように見える所がある」

老化もそのひとつであるものの、ぎっくり腰のような疑いで

注射、投薬、レーザーの治療をした結果、

改善が見られてきました。

年齢的に、あちこちガタが来るんですね。

「場合によっては、サプリを続けるかも・・・人間で言うなら、こうじゅんみたいなのね」

と言われました


爺やっぽいお顔になって来ましたが、少し元気になって散歩に行って来られるようになりました。

10241


10242


JOY 「12がつに、9さいになるんだ。もう、げんきにあるけるよ」

お散歩に行く時は、垂れ耳が汚れないように、スヌード装着です。

イングリッシュ・コッカー・スパニエル 8歳 ♂ 埼玉県久喜市生まれ
体重11.5Kg

好物 ドッグフード (ユーカヌバ・ラム&ライス愛用)


立川市図書館からのカリモノ

« 霜降 | トップページ | ソフラン プレミアム消臭 »

ペット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

JOY君、糞は出たんだよねそちらも改善されたのよね^^
11.5kgというと中型犬ですよね8歳だったらまだ若いし
加齢は仕方のないことですが・・・獣医さんとの関わりが
多くなるのも現実ですよね
ペットのことを思ってくれる飼い主さんであれば私は十分だと思えますが
それも経営者さんとしてのお仕事は時間関係無い事も多いのでは・・・
動物の涙あふれる・・・って凄く弱くて大体動物ものには弱いです
最近は特に弱くなっていて避けている所が・・・

すみれさん、コメントありがとうございます。

今まで紹介した動物モノは、1匹の悲しい物語だったけど、
これは、"14匹が健気なさようなら"をするので、もうダメ・・・

フンはね、
病院で腸のお薬を貰ったお陰か
1日に4回も出ましたよ

こんにちは~

JOY君、調子悪かったのですね。
でも病院に行き改善され良かったです。

10何年も元気なワンちゃんもいます。
JOY君、まだまだです。

優しいママが、いつも心配してくれるので、
JOY君、とても幸せですね。
でもお散歩姿、おもしろいですね。

part_hさん、コメントありがとうございます。

ご心配いただきましてありがとうございます。
犬の8歳は、ちょうどワタシと同年齢らしいので
そろそろ、「そんなに若くはないんだぞ」ってカンジらしいです・・・。

夫が散歩に連れて行くので(どっちが"連れて"か分かりませんが)
いつも、こんな被り方をしています。
「あら~」とか「どーしたの」って言われていたそうなんですが、
ご町内の方には周知されたようです。
・・・でも、ワタシが連れて行く時は
ゼッタイ着けませんよ

この本、気になっていました。
きょうの朝○新聞の3面にも紹介記事が大きく載っていましたよ。
コメントを読んだだけでも泣けてきました
猫は・・・飼い主に語らないのでしょうか。
ウチのは文句いっぱいありそうだけれど
JOYくんは12月で9歳か・・ウチより1年先輩なんですね。
お散歩にも行かれるようになってホンとによかったです。
耳の汚れ防止のスヌード、可愛い~
でも・・設計おばさんが散歩に連れて行くときには『ゼッタイ着けない』に
ごめんなさぁ~い吹きました

えぷろんさん、コメントありがとうございます。

この本ネ・・・、
お奨めするのがイイものか
を飼っていると、微妙です。

ロッキーくんは、えぷろんさんの家で、充分愛されて幸せ者ですよ。
離れて暮らした入院時、あんなに"シャーちゃん"だったんだものね。

『もっと☆・・・』は、そろそろ届きますか
最後の方に、幸せに生きる世渡り術みたいなのが載っていまして、
ワタシ、コピーして手帳に挟んでいます。
ウチのたち、幸せに生きていますよ
・・・・・きっと

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『犬から聞いた素敵な話 涙あふれる14の物語』:

« 霜降 | トップページ | ソフラン プレミアム消臭 »