2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 無くてもイイと思うモノ | トップページ | 花が咲き・鳥がささやき・・・ »

2013年6月 7日 (金)

『北欧のかわいいインテリア』

別冊 美しい部屋



気温が上がって来た時にインテリアや部屋のイメージをお聞きすると、

白木

カラフルなファブリック

薄い色味

が代表格です。

まさに、その世界





カラフルな色を使うポイントは、家中のあちこちで使うのではなく、

スペースを決めて、

例えば、キッチン周りだけとか・・・。

ピンポイントで遊ぶと面白いです。

又、

クレヨンのように原色を並べるのもよし、

ひとつの色に拘ってテーマを決める。

その中に、反対色をほんの少し取り入れて

差し色で遊ぶ。

も、楽しいです。

ハードな部分は、より、シンプルに。

小物は、色や形に変化を付けると

更に楽しみも増えると思います。






立川市図書館からのカリモノ


« 無くてもイイと思うモノ | トップページ | 花が咲き・鳥がささやき・・・ »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

カラフルな色使いのポイント
ふむふむ・・・・
『ピンポイント』 『差し色』 『ハード部分はシンプルに』
その昔、インテリア雑誌、雑貨小物が全盛期だった頃を
こちらへ来ては思い出しています
雑誌で見た雑貨はとりあえず自由が丘へ
という時代でした(笑)
設計おばさんのおかげで、昔を懐かしみ
またちょっとワクワク気分になっている今日この頃です

えぷろんさん、コメントありがとうございます。

35年も前、自由が丘の・・・、魚菜学園に少し通っていました。
残念な事に、今はその功績を食卓で披露することなど皆無ですが
その時の楽しみは、一緒に通っていた友人とインテリアショップと紅茶専門店を兼ねたお店に寄る事でした。
ちゃらちゃらしていた私たちと、すれ違っていたかも知れませんね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『北欧のかわいいインテリア』:

« 無くてもイイと思うモノ | トップページ | 花が咲き・鳥がささやき・・・ »