2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『家とオトコと猫』 | トップページ | たかいたかい »

2013年1月24日 (木)

『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』

亀田 潤一郎 著

財布の購入価格と年収は比例するんだって

その例えが何行か書かれていて、

20万円の財布・・・4,000万円

から始まっていて、

締めは

3万円の財布・・・600万円

で終わっていた。

あらぁ・・・ワタシが今使っている財布、対象外ってコトですか

いやいや、

このくらいのお財布を使えばそうなるらしい

購入価格の200倍が匹敵するそうです。

ワタシの財布

わが子が言っていた・・・

ワガコ「店員さんって、支払いをするお客さんのお財布を、よく見ているんだよ」

ワタシ「・・・・で

ワガコ「お財布を見ると、大体わかる。おばちゃんは黄色が多い

ワタシ「あの、お金が貯まる。・・・みたいなのとか

ワガコ「それもある。・・・で、お参りに行った時に売っているみたいな、鈴つけてんの」

うっそー ワタシの財布は、これ

0124

もっとおばちゃんは、がま口から四つ折りのお札を出すんだって。

紫のお財布の人は、一万円札で支払。小銭を出さない。おつりは確認しない。

札入れと小銭入れを別々に持っている人は、時間を掛けてでも小銭を出し切る。

あなたは???

この本を立川市図書館にリクエストしたのは、

昨年の1月9日

話題になってからリクエストしたので

ちょうど1年掛かりました

そして、ワタシの後にもまだまだ予約の人が待っています。

これは、過去最高に待たされた記録として、ワタシの心に残るハズなんですが、

今、

予約している  (be ing)

『舟を編む』

昨年の5月15日に予約、

もう既に8ヶ月経過していますが、

ワタシの予約番号はまだ160番

蔵書が18冊との事ですから、

全てがコンスタントに回ったとしても

ワタシの手元に届くのは

4~5ヶ月先

そして、列の後には243人も待っているんだって

・・・なので、

図書館に行って、この本が書棚で見られるのは・・・

2年後位になるのでしょうか。

そんなこんなで、

新着図書や本屋さんのオススメをチェックして、インターネット予約が身に付きました。

特に、

直木賞などは

発表当日の夜でも出遅れた経験から、

なんと、

今年は、候補作発表の日に

これだったら イイな・・・と、

興味のある本を選んでクリック


みごと、はずれ~。

                    おもしろそうだから いいもん

立川市図書館からのカリモノ

« 『家とオトコと猫』 | トップページ | たかいたかい »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』:

« 『家とオトコと猫』 | トップページ | たかいたかい »