2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『伴田良輔の気まぐれ猫散歩』 | トップページ | 屋敷林(やしきりん) »

2012年12月11日 (火)

ぐるぐる

ラジオで、「あなたにとって良いコト、なんですか」

とコメントを募集していました。

外国製でなく、少し高くても国産のモノを買うようにしています。

国内の景気に貢献していると思います。

友達の勤めている会社の製品を、社割でなく、普通に買っています。

その会社に頑張ってもらいたいからです。

⇒司会者のコメントは、

「分かるなぁ。友達の会社だからこそ、どんどん大きくなってほしいもんなぁ~。割引じゃなくて、友達なんだから割増ししたいくらいだよ」

そして、

そこには、モノの価格について、ワタシと同じ想いの話がありました。

モノの値段がどんどん下がっていて、

それは、消費者が一円でも安いお店に殺到する価格競争。

そのツケは、パート従業員の時給や卸問屋とその社員の給料。

そして、生産者。

つい、数年前の事ですよね、食品偽装

この値段で、あなたならキチンとしたモノが作れますか

と言うような価格で、ごく普通のように飛び付く消費者がいたコト。

素材だけなら誤魔化しようもないけれど、そこに添加物や加工、飼料、育成環境を施すことによって、モノの本質が分からなくしてしまう



家づくりの現場を見ていて、思うコト

よほどの理由がない限り

モノの価格と品質、そして、技量も比例しています。

これは、ホントにどうしようもない事だし、

それでイイ

それがイイ

と思っています。

「こっちがイイ」と思うのは、人それぞれの価値観だし、

それがその人の全ての考えに結び付くんだなぁ・・・






ちょっと、話が逸れて来ますが、

フレックスタイム制や24時間営業の影響でしょうか。

9時5時(或いは多少の前後)の営業時間以外に、「ご挨拶」と称して営業活動に来たいと業者さんから電話が入る事があります。

設計事務所は、夜中までやっている。

と思われていて、当然、仕事している時間でしょ。と疑いもせずに時間を指定されるんですが、・・・大きな勘違い。

勤め人でもない経営者が、夜も仕事をしているのは、明日までにやらなければならない仕事があるから。その時間を使うから。

きっと、

その会社と取引している会社や個人さんは、注文や納期にも無理を言っている。言われているのが普通だから、何の疑いもせずに同じ様な事をしているんじゃないだろうか。と思うのは、ワタシだけでしょうか。

サービスと無理押しは違います。





「無理を言う」で、思い出したコト

家づくり と言う、ほぼ初めての大仕事を迎える人が、工務店の出す工事(見積)金額を値切らせて当たり前。と思っているとか・・・。

設計事務所の設計監理が入る場合は、監理者としてその価格と内容を見比べ、対価を見極めますが、初めての素人に、それは過酷過ぎ。

何かの折、工務店の方がおっしゃっていた言葉ですが、

中小企業規模の工務店が、家を建て、長期にわたってメンテナンスを続けて行くには、それ相応の、会社を守る経費が要る。

無理を言って、会社の存続を妨げるって、自分の将来に影響するんだな。

と聞き入ったものです。

もし、その会社の存在が無くなったら、メンテナンスで困るのは・だれ

« 『伴田良輔の気まぐれ猫散歩』 | トップページ | 屋敷林(やしきりん) »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ラジオ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぐるぐる:

« 『伴田良輔の気まぐれ猫散歩』 | トップページ | 屋敷林(やしきりん) »