2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 『パンとスープとネコ日和』 | トップページ | 約束の時間 »

2012年9月 1日 (土)

『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く』

岡本 一志 著




ヒマワリの種からヒマワリが咲くように

いつもこころに

幸せのタネを持っていようと思います。

       __________________________________________________________________


本文から抜粋

「花を持つ 人から避ける 山路かな」

一人しか通れない狭い山道で二人が鉢合わせになりました。一人は何も持っていませんでしたが、もう一人は両手いっぱいのきれいな花を抱えています。

こんな時、「お先にどうぞ」と道を譲ることができるのは、両手いっぱいの花を抱えている人です。

   ___________________________________________________________________



特に、自転車ですれ違うぎりぎりの幅員の道を走っている時、ワタシは端に寄って通り過ぎる自転車を見送ります。

何よりも、ワタシの走行が危なっかしくなって来たからなんですが

そんな時、

「すみません」や「ありがとうございます」と、声を掛けて戴くか、会釈をして通り過ぎて行く人は、思っているよりずっと多くいらっしゃるのが現実です。

ちょっと止まって休憩タイムしただけでお礼をされる。って

・・・ん~。まんざらでもありませんね


実はコレ

圧倒的に女性の方が多い デス。

言い換えれば、

男の人に、声を掛けられたことがない・・・ってか。



                  もぅ、イイけど





イラストも とっても カワイイです

立川市図書館からのカリモノ

« 『パンとスープとネコ日和』 | トップページ | 約束の時間 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『幸せのタネをまくと、幸せの花が咲く』:

« 『パンとスープとネコ日和』 | トップページ | 約束の時間 »