2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« ゆとり世代 | トップページ | 『水の柩』 »

2012年9月13日 (木)

『片づけで変わるあなたの運命』

別冊 すてきな奥さん    主婦と生活社 発行



捨てる片付ける収納する

の達人たちがご指南しています。



設計おばさん 思うところ

散らかっていると言うコトは、

動きにくい

太る

余計に動かなくなる

もっと散らかる

のスパイラルなんだと思うんですね。

先日も書きましたが、

大事に使う

要らないモノを捨てる

の区別・判断って難しいところで、

とりあえずは、

不要なモノ

から排除していっても良いと思うのです。

今日から出来るコト

要らないモノは貰って来ない



コンビニで

割りばしはもちろん、

ちょっと大き目なプラスチックのスプーンやフォーク

いつか使うだろうから。と取っておく為ならば、お断りしましょう。

・・・・大抵、引き出しに入ったまま数年経過

ちなみに、割りばし。

木を切ってしまうので自然保護に反する。

とは、どなたが言い出したのか、誤解のよう。

間伐材を使っているので、良い木を育てる手助けの一環。

・・・・でも、ワタシは貰わない。

家に持ち帰って、割りばしで食べるより、マイ箸で戴く方がぐーんと美味しいから

ロールケーキ・・・ブラスプーンより、金属スプーンですくう方がおいしい。ってホント

「ホントだと思う



不要なモノのための収納場所

家を建てる時、引っ越す時、

「とにかく収納は多く」と言ってしまったら、

人間の生活する場が狭くなります。

狭くしたくなかったら、

割りばしとプラスプーンのための収納場所にもコストが掛かっている。

と思い出してください。



ブラスプーンや使い捨ての歯ブラシは、来客の為

せっかくいらしていただいた方には、

心地よいモノを使って頂きたいですね。

上質なカトラリーを使わせていただくと、それなりの扱いを受けた。と心に残るはずですし、

その後もご自宅で使ってもらえる、お気に入りメーカーのオススメ歯ブラシならば、

「良かったら、持って帰って使って

ブラスプーンも、ホテルのアメニティグッズも・・・だいたい・・・使いにくいよ






要らないモノ 不用品を誰かに配る

これは、やめましょう。

アナタが要らないモノは、ムリに押し付けられた人も要らない。

先様が、「捨てるんだったら、ちょーだい」と言われた時だけに。ねっ。

これ、

よく耳にする 愚痴



コンロ下の収納

お鍋とフライパンをすっきりしまうために、

100均で、縦に並べて収納できるグッズを購入。

・・・するより、

無くてもイイ鍋釜を処分。

の方が、気持ちイイ安上がり

って、覚えておくとイイかも







この本を読んで、

自分が動くコト

が第一なんだと実感しました。

玄関に出しっぱなしになっている靴…の数々。

「仕舞って、掃除をしたら、〇〇に当選した。」とか

もうちょっと涼しくなったらやろうかな。って、思うよね。今日の弁解としては。






建築士からのアドバイス

耐震性が、世間を賑わしています。

防災グッズのバックなどを玄関に置いているご家庭も多いと思います。

玄関には、スニーカーを定位置に出しておく事もお勧めします。

目をつむっていてもわかるよう、重要なのは定位置に

立川市図書館からのカリモノ

« ゆとり世代 | トップページ | 『水の柩』 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『片づけで変わるあなたの運命』:

« ゆとり世代 | トップページ | 『水の柩』 »