2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 今年のカーテン | トップページ | 残暑お見舞い 申し上げます »

2012年8月 8日 (水)

『小さな家に暮らしたい』

はじめての家づくり特別編集



南向きの大きな家 がステータスだと思われていた時代ではなくなりました。

小さな家で、家族みんなでなかよく

肩寄せあって暮らすしあわせ

を改めて気づかせてくれる一冊です。



立川市図書館からのカリモノ







設計おばさんは、

家づくりに係わってきて、27年目になりました。

       ちょうど、今までの生きてきた年月の半分です

       誰も聞いていないと思うケド  明日、誕生日で~す

その間に住まいのカタチが大きく変わり、

今、

ホンモノの自分の家、自分の家族、

を見直す時期に来ています。




収納たっぷり、

影の出ないほど、必要十分すぎるほどの照明

も、絶対に良くないよ

とは言い切りませんが・・・・


自分のキャパシティ・・

    どこに何が入っている

    すべてのモノを生涯で使いこなせる

    暗い時間帯に、そこのスペースを必要とする

そう。

おとなのくらしには、生活スタイルにも、

エコを考えてみても良いと思うのです。




今より広い家を欲しがる人は、今の家のスペースを活かしていない。

と聞きます。

部屋がスペースでなく、モノが至る所に溢れ、家中が通路化しているそうです。

又、広さや収納スペースを求めない人ほど、モノを上手に活かしているとも聞きます。


そろそろ、

わたしのために建てよう。

と考えてみませんか。

雑誌などのグラビアでありがちな、ややもすると やり過ぎなインテリアの住宅にする必要はありません。

自分の好きなモノ・・・

ココロ安らぐひとつひとつ・・・

に囲まれた、自分だけの家づくりをして行って欲しいなぁ。

と思っています。




« 今年のカーテン | トップページ | 残暑お見舞い 申し上げます »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『小さな家に暮らしたい』:

« 今年のカーテン | トップページ | 残暑お見舞い 申し上げます »