2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 立川 ecco !!  VOL.12 | トップページ | クッキー・ジャー »

2011年12月13日 (火)

『死ぬ気まんまん』

とにかく入院中は、

食事をシッカリ食べる  と  静かにしている事

が、ワタシの仕事

と思っていました。

日々の食生活のおかげで 『病院食はそんなにまずくない』と思い込める程度だったので、(いずれ書きますが、大きなダメージがあって思いっきり凹んだ事件後の)

一回を除いて、完食しました

食事以外の時間は、ほぼ読書。

一日中、ページをめくる音を聞いていた、となりのベッドの同年代の方オススメの一冊。


『サノヨウコさんって、知ってる?』と聞かれて、

何となく聞いた事あるよな・・・。

『ヨウって、さんずいの洋?』

でも、ワタシの知っているサノヨウコさんは、そんな大人の本を書く人ではなくて、ひらがなさのようこさん


お隣さとは、本の話をはじめ、ローカルな話題が共通していたり、ワタシの名前とものすごく似ていることから、親近感が湧き、とっても仲良くして下さいました。

お掛けで、不安や解放された入院生活を送る事が出来ました。

病院で薦められる本としたら、あまりにリアルで、滑稽とも思えますが、退院後の今、楽しく拝読しています。

死ぬこわさより、生きていくほうがもっとつらい事が多くて大変。

と聞いて、

ホントにそう思う。

今度は、思い病気になった時か、死にそうになった時に読みたい一冊


 

そして、

                   さのようこさん は 佐野洋子さん でした






退院後、早速リクエストした立川市図書館のカリモノ

なんたって、表紙が明るい


« 立川 ecco !!  VOL.12 | トップページ | クッキー・ジャー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

メディカル」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『死ぬ気まんまん』:

« 立川 ecco !!  VOL.12 | トップページ | クッキー・ジャー »