2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
フォト
無料ブログはココログ

はじめまして。設計おばさんです。


  • 幸せのおすそわけをご覧いただき、更に、いつもたくさんのコメントをいただきましてありがとうございます。 コメントの掲載・削除・加筆・誤字脱字などの訂正等は、設計おばさんの判断で行います。 又、コメントのお返事は出来たり出来なかったりです。 削除依頼は受け付けていません。投稿した方はこのブログがある限り掲載されますのでご理解の上、投稿して下さい。 ただし、記事に関係のないコメント、広告宣伝、誰が読んでも不愉快に思うコメントは一切の掲載を致しません。 よろしくお願いいたします。

« 古い封筒ですが・・・ | トップページ | 立川見守りメール »

2011年3月24日 (木)

停電と住宅設備機器

    プラグ 


計画停電の時。

ゆたぽんを電子レンジで温めておけばよかったぁ。と、いっつも忘れて停電になってから気が付きます。

それでも立川市は、計画停電で多少の不便があるものの、水道もガスも使えるので、ちょっとの我慢だけです。

住宅をリフォームするかたの多くが、オール電化住宅になさるそうです。

新築の場合も、その割合がとても多くはなりましたが、まだガスコンロも健在です。

停電の時、ガスコンロでお湯を沸かす事が出来るタイプと出来ないタイプがあります。

国産メーカーのコンロの着火は乾電池ですが、外国製の殆どはプラグ式ですので、着けられなくなります。デザイン性がとっても素晴らしく、オシャレな外国製のコンロは憧れですが、ごくごくたまに良いところばかりではないと気付きます。

国産メーカーのデザイン性イマイチのコンロも、こんな時は暖房器具になって有難さが身にしみる事もあるのです。

何事も、その時その時に応じて、デメリットもあることを理解しておくと良いと思います。




 余談

節電には、『コンセントを抜く』と言われていますが、

コンセント・・・家の壁に付いている  

プラグ・・・家電製品に繋がっているコードの先端

『抜くのはプラグの方だよね』

             と、ウチで言ったら『うるさい姑みたい』 って


« 古い封筒ですが・・・ | トップページ | 立川見守りメール »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

立川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 停電と住宅設備機器:

« 古い封筒ですが・・・ | トップページ | 立川見守りメール »